9月7日と8日 劇団 藤村組オンライン公演のお知らせ

Zoom芝居をやります(無料です)

9月7日夜、8日昼、Zoom芝居をやります。
追記:9月7日は、8月25日19時に満席となりました。キャンセル待ちで受付中です。
8日はまだ大丈夫です!

演劇をやっていると、仕事にものすごく役立つ。
そんな信念を持って、数年前から有志の塾生さんを集めて、演劇をしています。
「劇団藤村組」って言うんですけど、今度、その劇団の公演があります。

オンラインの公演です。



Zoom芝居

『わが町のZoom秘密会議』

夜の部
 9月7日 月曜日(午後8時30分から約1時間)

昼の部
 9月8日 火曜日(午後1時から約1時間)

どちらも無料です。

約1時間の公演なのですが、1時間の公演時間に、2つのチームが同じ台本で同じ芝居を演じます。
30分くらいの芝居が2本あるって感じです。
同じ台本なのに、演出や演者で、違う芝居になる。
そんなところも見どころです。

Zoomのウェビナー機能ですから、定員があります(各々80名)。
ですので、以下のフォームから申し込んでくださいね。

【9月7日午後8時30分の部 観覧申し込みフォーム】
※9月7日は満席のため、キャンセル待ち受付となります。

【9月8日午後1時の部 観覧申し込みフォーム】

申し込みが済んだら、エクスマ事務局の山本からメールでURLを送付します。

規制や条件があることで新しいモノが生まれる

実は今回、5月にリアルの公演を都内の小劇場で予定していました。
台本もしっかりと書いて、昨年から作り上げてきたモノでした。

ところが、このコロナのパンデミックの影響で、できなくなり、来年の2月に順延しました。
そうしたところ、来年の2月に予約していた劇場が、コロナ禍で立ち行かなくなって、廃業してしまったのです。

結局、リアルの公演ができなくなりました。
「もう解散するか」って一瞬思ったんですけど、「ちょっと待てよ、ここで諦めたら、演劇文化のためにならない。そうでなくても小劇場系の芝居は痛手を受けているんだから」
そして、自分がいつも言っていることを思い出した。

規制や条件があることで、新しいものが生まれる。

そういうこと。

これは、エクスマ塾やエクスマセミナーでいつも言っていることです。

規制があることで、その中で最大限、工夫する。
そうすると、そこに創造力が発揮され、新しいモノが生まれる。
自由になんでも考えろ、というのは考える方からすると、なかなか難しいモノです。
でも、何か規制や条件があると、考えやすいのです。

「自分でそう言ってるジャン」

オンラインで面白い芝居ができるかもしれない、と思い直したわけです。
それで急遽、Zoomを使った舞台設定でシナリオを書き、Zoomを使って芝居を作った。
Zoomを使うことの必然性と演出を意識しながら。

こんな物語です。

【あらすじ】

わが町に新町長が誕生した。
しかし、それは町の有力者たちにとっては、歓迎されないものであった。
なぜなら、その町にはどうしても知られてはいけない、大きな秘密と大きな利権ががあったから。
議会では公にできない、オンラインだけで話し合われる、秘密の会議。
そこに就任したばかりの、女性町長を招いて、町の有力者たちは何を企んでいるのか?
そして、20年間封印されていた、わが町の秘密とは?

2020年初秋に、劇団藤村組がお送りする、Zoom芝居、お楽しみに!
日本の小劇場演劇の火を消さないために。


集まって練習はできないので、オンラインで練習をし、だいぶまとまってきたので、公演することにしました。
登場する人たちは、普通の経営者です。
出演者はこの画像の方々です。
  ↓  ↓  ↓


Zoomでの練習<キャスト&スタッフ全員>


まだまだ荒削りのところがあるし、オンラインでどこまで伝わるのかわかりません。
でも初チャレンジ、Zoom芝居。
ベストを尽くしてがんばりますので、見てください。

世界から演劇の火を消すな!

そんな思いを持って、やります。
たくさんの応援をお待ちしていま〜す。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました