コロナ不況は5年くらい続くと思って考えてみよう|安いモノを大量に作って売る時代の終焉

GDPがマイナス3.4%

新型コロナウイルスが日本経済にダメージを与えています。

GDPの伸び率1月から3月期、年率で、マイナス3.4%でした。
昨年の10月から12月は、マイナス7.3%。これは消費税増税の影響。
その反動が来て、1月から3月は良くなるんじゃないかと言う予想でしたが、今回のコロナの影響で、マイナス3.4%と大きく落ち込んだ。



4月からの緊急事態宣言に伴い、ショップや飲食店など休業しているところがたくさんあります。
耐久消費財と言われる不要不急の消費もほとんどなくなって、4月から6月期はGDP がマイナス20%を超えるんじゃないかと言う予想もあります。
リーマンショックよりもダメージが大きい。

日本経済の不況は長期化する予想

このコロナ不況、といってもいい不景気は、数ヶ月で元に戻るような生やさしいものではないかもしれません、
もしかすると5年とか10年とかかかるかもしれない。
先週も上場企業で初めて、アパレル大手のレナウンが倒産しました。

このままいくと日本の失業者の数は、627,000人ぐらいになると言う予想もあります。
実際にアメリカでは既に失業率が14.7%となっていて、景気回復の重しになっている。
まだまだ不景気は続きそうです。
この不況を乗り越えるためには、政府の経済対策がとっても重要になるでしょう。

あのソフトバンクも1月から3月の赤字が1.4兆円と日本企業四半期赤字額では東日本大震災時の東京電力ホールディングスを超え、過去最大。
新型コロナウィルスの感染拡大などで、運用10兆円のビジョンファンドの損失が膨らんだそうです。
孫正義さんが言っていました。
「ソフトバンクグループ投資先80社位のうち15社は倒産するだろう。
15社ぐらいは成長し続けるそれ以外はまあまあ。
そして、可能性のある会社が5年後に、投資効果の90%ぐらいになる予測」

という事は5年後も、コロナ前までには追いつかないってこと。

緊急事態宣言が解除され、すぐに前の状態に戻ることを期待している人もいるかもしれませんが、それはなかなか考えにくいことです。
はっきり言うと、すぐには戻らないでしょう。

外国人も日本には来ないし、日本人が以前のように国内旅行をするとも思えない。
出張だってしないだろうし、飲食店も満員にできない。
耐久消費財、テレビや車、そういった不要不急の消費も、一気に前の水準まで戻るとは、考えにくい。

5年から10年、コロナ前の水準に戻らないと考えて、それでもやっていける会社を作っていくこと。
それが大事になってくるんじゃないかなと思う。

安いものを大量に作って売る時代の終焉

東南アジアの国、タイの「タイ航空」が経営破綻しました。
タイ航空って、政府系の航空会社、フラッグ・キャリアです。
政府系大手航空会社で初更生手続きだった。
航空業界は深刻ですよね。

人やモノの国境を越えた移動は、パンデミック収束の後も、前の水準まで活発化しないと言う専門家もいます。
エネルギー、食料、部品、材料、工場などなどは、今まで海外に頼っていた部分が多い。
それが今回のことで、グローバル・サプライ・チェーンの弱点をモロに突かれ、動きが取れなくなった。
だから「自国回帰」になっていくからです。

どうして海外に拠点を持っていくのかというと、コストが安いから。
海外の安い労働力で、製品を安く作って、大量に売る。
そんなビジネスモデルが、もう終焉を迎えることになると思うのです。

低コストじゃなくても、質の高いもの。
使い捨てじゃなく、いいものを長く使う。

そんな当たり前のことが価値になっていく時代になる。

無駄なことをしない。
無理なことをしない。
そんなライフスタイルが根づき、人々の消費も変わっていくでしょう。

だから、技術力を持った中小企業にも、チャンスがあるのです。
「高い技術」「独自のアート性」「社会に貢献する思想」
などなどの価値が、また認められる時代だからです。

そして、なるべく固定費がかからないビジネス。
なるべくコストをかけず、売り上げと利益が達成できるビジネス。
あなたが今もっている資産を、そんな新しいビジネスモデルに変えていく。
そういったアイデアが求められているのです。

みんな不安です。
でも、前を向いて、チャンスを逃さないように、心を健康に保ちましょう。
そうしたらチャンスの女神の微笑みを手に入れることができるのです。

<このブログはエクスマラジオでも聞けます>

藤村正宏のエクスマラジオ

ボクが話している「エクスマラジオ」
AppleやGoogleのPodcastやSpotifyでも聞けます。

Spotify(フォローしてくれたら嬉しいです)

Podcast


The following two tabs change content below.
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました