今は成長ではなく成熟した社会。成功したかったら、自分のモノサシを持つことが大切。

成長を目指すのではなく、成熟した関係性を目指そう

昨日は大阪でたくさんの経営者に会って、お話しをしました。
たくさんの経営者がいて、たくさんのビジネスがある。
そして、みんな、今の時代の流れに流されないようように努力しています。
ビジネスの環境が、完全に変わったのですから、流れに乗ることが大事なんだと思った。
本当に時代の流れを感じますね。

20世紀の工業化社会においては、「成長」がキーワードでした。
効率化・生産性を追求して成長していった。
成長が重要でした。
右肩上がりの時代だった。

でも、今は違います。
今はもう、右肩上がりの時代ではなく、「成熟」がキーワードの時代になった。
関係性・コミュニティ、利他的などなどに価値がある時代になった。

「成熟化社会」になったんです。

エクスマ道場 スタッフの橋本くんのセルフィー(自撮り)

エクスマ道場
スタッフの橋本くんのセルフィー(自撮り)

よく「成功のための○○の法則」といった感じの、アメリカから上陸してきた成功法則ってあります。
ああいうものは完全に工業化社会の時代の産物だと思う。
ガツガツと売上を上げることや、利益を出すことのみを目指す。
関係性などを無視して、ともかく不特定多数の人に売ろうとする。
自分の言いたいことだけ言って、お客さま不在。
顧客主語ではなく、企業主語。

まだまだそれに踊らされている企業や個人はたくさんいます。
そういうのってどうなのかな? と思う。
ひとそれぞれなんだと思うし、いいんですけどね。

でも、多くの人が、お金がたくさんあるとか、名誉があるとか。それが本当に成功か? って思いはじめている。
成熟化社会になって、成功のモノサシが変わってきたってことです。
かつては、画一化されたモノサシしかなかったような時代でした。
でも今は違います。
そういうことを反省するところから、いろいろな企業の形、ビジネスの形が新しくなってきているのが今の時代です。

モノサシをちゃんと自分で決めなければいけない時代です。
自分にとって成功とは一体何なのか? ということです。

もちろんお金をたくさん稼ぐことを目指す人もいるかもしれない。
自分がものすごく苦労して、いろいろなプレッシャーを感じながら、ものすごい恐怖に怯えながら、たくさんのお金を稼ぐことがいい、と言う人もいるかもしれない。
でも、そんなことをしなくてもいい。
そこそこお金があって、いつも楽しくて穏やかな気持ちで生活したい、という人もいるかもしれない。

何が成功かなんていうのは人によって違うのです。
自分のモノサシをちゃんと持って自分のビジネスをつくっていかなければいけない時代です。

それがこれからの「成熟化社会」なんだと思う。

仕合わせは心が決めるんだから些細なことでも感じることができる

ちょっとしたこと・・・

たとえばあなたも、

面白い本に出会えると、しあわせな気分になる。
美しい音楽が流れていると、しあわせな気持ちになる。
いつもの仕事で、しあわせを感じる。
子供の笑顔で、しあわせになる。
恋人や奥さんと一緒にいるだけで、しあわせ。

経験したことありますよね。
そういった些細なことでしあわせを感じられる人は本当にしあわせなんだな。
そう思うんです。

あたりまえのことに、よろこびを見出す。

ご飯が美味しく食べられる。
あたたかい布団で寝られる。
大切な家族がいる。
友人や恋人と過ごせる。

よく考えてみると、こういうことってしあわせですよね。

でも、現代社会に生活していると、ボクたちはそれが見えなくなってしまう。

もっとお金が欲しい
もっと時間があれば
もっと美味しいもの食べたい
もっと理解してほしい

もっと、もっと、もっと・・・・

欲望は際限なく大きくなってしまいます
現代社会は情報があふれかえっています。
現代人は、情報の洪水の中で生きていると言っても過言ではない。
だから、多くを求めすぎてしまうんですよね。

環境に順応する生き方。
多くを求めない無理しない生き方。
こころがいつも穏やかな生き方。

そういう生き方をしたいものです。
(なかなかできないのも人間ですが・・・)

毎日毎日、いろいろなことが起こりますけど、本来、人生って楽しいものです。
それが「真理」だと思う。
あなたは、毎日が楽しいですか?
楽しいって感じられますか?
もし・・・、
楽しいと感じられなかったとしたら、どこかに問題があるんだと思います。

日常のあたりまえのことに、しあわせを感じられないのだとしたら、けっこうストレスが溜まっているのかもしれません。

そんなことを思った、日曜日の朝でした。
今日も出張。
いつ休みの日が来るのか、楽しみにしています(笑)。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする