マーケティングコンサルタント藤村正宏の自伝 :9 名門釧路湖陵高校に入学

マーケティングコンサルタント藤村正宏の自伝:9

夏休みなので、ボクの自伝の続きを書きます。
ここの続きです。
【マーケティングコンサルタント藤村正宏の自伝:8】

北海道の名門進学校「釧路湖陵高校」に合格した話。

有名な建築家、毛綱毅曠さん設計の湖陵高校校舎

有名な建築家、毛綱毅曠さん設計の湖陵高校校舎

中学3年の秋にガリ勉になったボクは、一から勉強をしなおした。

英語はbe動詞から。
Iのときは am
YOU のときは are
HEやSHE、のときやモノのときは is

本当に中学1年からの復習を毎日自習でやりなおした。
深夜放送を聞きながら、毎日やると、勉強が面白くなってきたんです。
1ヶ月ちょっとで、すべて復習が終わった。
面白いから進むんですね。

スポーツでも、楽器の演奏でも、ブログでも、始めたばかりのころは下手くそだから、やっていても面白くない。
でも、要領がわかってくると、ある日突然面白くなる時がある。
それまで、続けることが大事なんです。
ブログやSNSだって、ちょっといつもよりがんばって続けていると、面白くなります。

その時のボクはだんだん勉強が楽しくなっていった。
英語、国語、数学、カンタンじゃん。
(完全にナメていた)

その冬の期末試験では、なんと見事にすごいいい成績。
今までとったことのないくらいいい点数だった。

当然、そのまま勉強をつづけるわけです。
深夜放送と勉強。

そして、高校受験。
難関の高校、釧路湖陵高校に合格しました
それも、かなりいい成績で。(完全にナメる体質になっていった)

釧路湖陵高校の校章

釧路湖陵高校の校章

名門の高校に入学してすぐ。
アイスホッケー部に入部してしまう。
どうしてかというと中学の時に、札幌オリンピックがあって、そのときに流行ったんだよね。
アイスホッケー。

毎日スケートをはいて、竹ぼうきをスティックにして、アイスホッケーごっこをしていた。
バスケットボールや野球は競技人口が多いけど、アイスホッケーは少ない。
おまけに、釧路はアイスホッケーのメッカ。
今でも日本製紙クレインズという、アジアリーグチャンピオンがいる。
だからうまくいけば、大学の推薦や国体とか面白いことできるかな、って思った。

でも体育会系。
マジでやらないで、テキトーにやっていた。
だんだん面白くなくなってきて、そんなとき・・・

ボクの人生に大きな意味をもつJAZZに出会うのです。

ジャズとの出会いは、ココを読んでね。

【エクスマの原点、釧路のジャズ喫茶「ジスイズ」が完全に廃業】

(つづく)

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする