ジャズ

SNS活用

沖縄のジャズ好きな行政書士の秘密は?|好きを仕事に組み込み独自化する視点

好きなことを仕事に組み込んでみる 自分の好きなことを仕事に取り入れ、それが認識されると独自の価値になり成功します。 個性や人柄に惹かれてお客さまが集まり業績もよくなるし、人生も楽しくなります。 好きを仕事に取り入れて活動している沖...
エクスマ思考

ジャズのアルバム『チェット・ベイカー・シングス』|若さというのはそれだけで悲しい

若い頃には戻りたくない 今日は北海道釧路のクライアント「鶴雅リゾート」の役員の方と打ち合わせをした。 東京のエクスマスタジオに来てもらって、ジャズをかけながらコーヒーを飲んでの打ち合わせ・・・ ふと、釧路に住んでいた高校生の頃を思い...
エクスマ思考

感性を磨くために選択基準を|マイルス・デイヴィスの生き方

選択の基準は生き様である ボクらは、毎日のように選択をしている。 大きい決断から、小さな選択まで、日々選んでいる。 まさに選択の連続といってもいい。 何を食べようか、どの道で行こうか、どの色の服を買おうか、どの仕事をしようか。 ...
エクスマ思考

ジャズタクシーは独自化を極めた|独自化するための3つの考え方

独自化するための3つの考え方 札幌のセミナーのテーマは「差別化するな!独自化しよう!」でした。 今の時代、差別化とか言っている場合ではないということ。 競争とか競合とかいう概念がなくなるくらい、独自化することが大事です。 ...
エクスマ思考

JAZZアルバム紹介:キャンノンボール・アダレイ『サムシングエルス』

オータム・リーブス 枯葉 高校生のころ、日曜日になると、昼間から夜にかけてジャス喫茶『ジズイズ』や、地下の珈琲屋さん『仏蘭西茶館』に入り浸っていた。 何の目的もなく、ただただ、ひとりでコーヒーをのみ、煙草を吸って小説を読んだ。 カ...
エクスマ思考

JAZZのアルバム紹介:バド・パウエル「シーン・チェンジス」

クレオパトラの夢 今思うと、ボクが生まれ育った、北海道の釧路っていう街は、ジャズが似合う街だなって思う。 陽気なラテン系ではない気候。 霧が多く、寒く、冬は雪が少なく空気が凛としている。 港があったり、坂が多かったり、湖があっ...
エクスマ思考

昔から遊びのような仕事をしていた|34年前の環境音楽アルバム『ピア アンド ロフト』

1983年もエキサイティングな時代だった いつの時代も、胸踊るエキサイティングなことはある。 今の若い人たちは、とってもエキサイティングな世界を生きているなって、いつも思うのだけど、ボクらの時代もずいぶん楽しくてワクワクすること...
エクスマ思考

リー・モーガン「サイドワインダー」|雨だからジャズを聞こう

音楽は環境を変える 日曜の午後。東京は夏の雨が降っています。 こんな日はエアコンの利いた部屋で、雨を眺めながら、好きな音楽を聞いて、読書なんて最高です。 いつも思うのですけど、音楽っていうのは、シーンを一瞬にして変える力があるなって...
エクスマ思考

サブカルチャー的な位置は価値|みんなと同じことをしないこと

ビートルズはサブカルチャーでいたかったのか? 先日の東京の渋谷で実施したエクスマ出版セミナーのオープニングは、懐かしのビートルズの曲、「Help!」を使いました。 この曲が入っているアルバムはもちろん「Help!」です。 デビュー...
エクスマ思考

『ブルーシティ』 僕の人生を変えた一枚

「BLUE CITY」に一目惚れ 個人的にジャズのことを書きます。 ボクが高校生の頃だから、1970年代中ぐらい。 ジャズに出会ったのですけど、出会いのきっかけは、以前書いたから割愛です。 興味のある方は以下に詳しく書いています...
タイトルとURLをコピーしました