ジャズ 一覧

JAZZアルバム紹介:キャンノンボール・アダレイ『サムシングエルス』

JAZZアルバム紹介:キャンノンボール・アダレイ『サムシングエルス』

オータム・リーブス 枯葉 高校生のころ、日曜日になると、昼間から夜にかけてジャス喫茶『ジズイズ』や、地下の珈琲屋さん『仏蘭西茶館』に入り浸...

記事を読む

JAZZのアルバム紹介:バド・パウエル「シーン・チェンジス」

JAZZのアルバム紹介:バド・パウエル「シーン・チェンジス」

クレオパトラの夢 今思うと、ボクが生まれ育った、北海道の釧路っていう街は、ジャズが似合う街だなって思う。 陽気なラテン系ではない気候。...

記事を読む

昔から遊びのような仕事をしていた|34年前の環境音楽アルバム『ピア アンド ロフト』

昔から遊びのような仕事をしていた|34年前の環境音楽アルバム『ピア アンド ロフト』

1983年もエキサイティングな時代だった いつの時代も、胸踊るエキサイティングなことはある。 今の若い人たちは、とってもエキサイ...

記事を読む

リー・モーガン「サイドワインダー」|雨だからジャズを聞こう

リー・モーガン「サイドワインダー」|雨だからジャズを聞こう

音楽は環境を変える 日曜の午後。東京は夏の雨が降っています。 こんな日はエアコンの利いた部屋で、雨を眺めながら、好きな音楽を聞いて、読...

記事を読む

サブカルチャー的な位置は価値|みんなと同じことをしないこと

サブカルチャー的な位置は価値|みんなと同じことをしないこと

ビートルズはサブカルチャーでいたかったのか? 先日の東京の渋谷で実施したエクスマ出版セミナーのオープニングは、懐かしのビートルズの曲、「H...

記事を読む

『ブルーシティ』 僕の人生を変えた一枚

『ブルーシティ』 僕の人生を変えた一枚

「BLUE CITY」に一目惚れ 個人的にジャズのことを書きます。 ボクが高校生の頃だから、1970年代中ぐらい。 ジャズに出会った...

記事を読む

世界一有名な美脚|ソニー・クラーク「クール・ストラッティン」

世界一有名な美脚|ソニー・クラーク「クール・ストラッティン」

ジャズに興味はなかったのに嶋倉くん(タイソン)が言った。 「ジャズなんて、まったく興味がなかったんだけど、最近聞くようになったんです」 タイ...

記事を読む

インタープレイの極致「アンダーカレント」ビル・エバンス&ジム・ホール

インタープレイの極致「アンダーカレント」ビル・エバンス&ジム・ホール

日曜日だからジャズのアルバムを紹介します 若いころには、あまりにも奥深くて、その真の良さが理解できないものがある。 料理でいえば、「湯豆...

記事を読む

自分の売っているものにどれだけ「愛」があるか? 〜パナソニックのTechnics復活

自分の売っているものにどれだけ「愛」があるか? 〜パナソニックのTechnics復活

好きだということは愛があるということ 以前、三菱自動車のランサー・エボリューションの生産を中止した記事を書きました。 三菱自動車のコンセ...

記事を読む

5年後なんて誰も予想できない 〜即興経営をしよう

5年後なんて誰も予想できない 〜即興経営をしよう

たくさんのメッセージありがとうございます 今日、57歳の誕生日でした。 お祝いのメッセージ、ありがとうございます。 心づかいと愛情を感...

記事を読む

ビジネスに革命を起こそう! エクスマ塾仙台での気づき 

ビジネスに革命を起こそう! エクスマ塾仙台での気づき 

いつも変化して新しい価値を生み出そう エクスマ塾2015も、62期から始まって、今進行中なのは67期沖縄と68期仙台です。 昨日、仙台の...

記事を読む

エクスマの原点、釧路のジャズ喫茶「ジスイズ」が完全に廃業。

エクスマの原点、釧路のジャズ喫茶「ジスイズ」が完全に廃業。

コンテクストを共有したコミュニティ ジャズ喫茶「ジスイズ」 塾生さんの乗山さん(シーサー君)のFacebookの投稿で、釧路のジャズ喫茶...

記事を読む

環境変化が激しい時代「インプロビゼーション経営」がいい

環境変化が激しい時代「インプロビゼーション経営」がいい

ジャズ喫茶の思い出 品川での昼間の仕事が終わって、夜に打ち合わせがあるので新橋に来ました。 ちょっと早く着いたので、ブログを書いています...

記事を読む

緻密な計画よりも、大雑把で臨機応変な計画を – 世の中エクスマになってきた

緻密な計画よりも、大雑把で臨機応変な計画を – 世の中エクスマになってきた

エクスマセミナーはジャズのライブがお手本 昨日は、九州のパナソニックさんの社内研修でした。 参加してくれた約70名の社員さんたち、とって...

記事を読む

「情報」が生存のための必須道具‐ティオティワカンのピラミッド

「情報」が生存のための必須道具‐ティオティワカンのピラミッド

認知考古学の研究者と話した 雨あがりの金曜の深夜に会った、40代なかばの認知考古学の研究者は、考古学者というより写真館のオーナーかカメラマ...

記事を読む

1 2