[終了]エクスマ的アナログ販促・デジタル販促活用セミナーIN長崎

2014年5月28日(水)に長崎でエクスマセミナーを開催します

エクスぺリエンス・マーケティングの基本と、アナログ販促とデジタル販促を組み合わせて効果的な販促をする方法をお話しします。

場所は長崎市立図書館です。
時間は12時30分から16時30分。

長崎セミナー告知001

アナログ販促・デジタル販促活用セミナー
エクスぺリエンス・マーケティングセミナーIN長崎

開催日時:2014年5月28日(水)12:30〜16:30(受付開始12:00)
開催場所:長崎市立図書館 新興善メモリアルホール
(長崎県長崎市興善町1−1)
http://lib.city.nagasaki.nagasaki.jp/access/access.html

募集定員:50名
会費:20,000円/名(消費税込)
主催:フリーパレット集客施設研究所

これからの時代アナログとデジタルは共存しなきゃ

ボクはデジタル販促に関しては、主に「ブログ」のことを中心にお話しします。

ビジネスでブログを書いているんだけど、何を書いたらいいかわからない。
記事数は増えているのに、反応があまりない。
日記みたいなブログを書いてはいけないとおもうけど、そうなっちゃう。

そういう悩みを持っている人、けっこう多いですよね。
ボクのところにも、相談あります。

いいブログのコンテンツっていうのは、それは企業主語ではなく、顧客主語で書かれているってことです。
カンタンに言うと、多くの人は「あなたの言いたいことなんて、聞きたくない」と思っているってこと。
だから世の中の人々が知りたいと思っていることを書くことなんです。

見込み客が、何を知りたいかを書くってことです。
顧客主語っていうことは、そういうこと。
そして、たいていの場合それは、悩みを解決することや願望を達成するというのが、知りたいことなんです。
それを書くということです。

そういう記事を書くのにどうしたらいいのか。
見込み客が知りたいことを知るためにはどうしたらいいか。
これからブログをはじめようと思っている方にも参考になると思います。

さらにゲスト講師の平松さんには、数々のブログの成功事例を紹介していもらいます。
平松さんのクライアントである、全国の美容室。
ブログで集客しています。
ブログを書くことで、お客さまの数が倍増した例や、看板からブログの読者が増えた事例。
紙媒体からブログへの誘導。
実践例を元に、ブログとアナログの販促の話をしてもらいます。

成功したかったら、成功した人を真似ること。

ぜひ、たくさんの人の参加をお待ちしています。

■平松泰人プロフィール

美容室専門ソーシャルメディアマーケティングコンサルタント 株式会社オーティアットRC 代表取締役 平松泰人 ニックネーム:まちゃ 東京・長崎の美容代理店に15年勤務、プロの美容師育成の仕事に携わる 2008年9月オーティアットRC設立 美容室専門マーケティングコンサルタントとして全国の中小規模サロンの集客・販促の仕組み作りを実践し年間260回の講演、セミナー、コンサルティングで成果を生み出している 美容室専門書「パルッキー超使いこなし読本1、2」出版、さらに昨年5月には美容現場でのアナログ販促成果をまとめた「ミラクルPOP読本」を出版 そして美容室ではまだまだ本格的に取り組まれていないブログ、Facebookなどソーシャルメディアを活用した集客の実践を推進している もっと詳しい平松情報はコチラ▼
まちゃの美容室専門「販促の教科書」ブログ

今すぐ、参加表明を!

名前*
会社名
メールアドレス
メールアドレス(確認)*
TEL*
座席確保人数*
備考※塾生はニックネームを記入してね
(例:エクスマ20期ダイスケ)

The following two tabs change content below.
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました