今さらですが、SNSは関係性の構築を目的に活用することが大事だと思う。

SNSはエクスマ的視点て活用すると効果的

FacebookやTwitter、YouTube、Instagram、ブログなどの「ソーシャルメディア」を、ビジネスに活用していますか。
ソーシャルメディアが進化して普及している時代に、ビジネスに使わないというのは、売上を上がらなくてもいいと言っているようなものです。
今の時代は、どんな業種業態でも、会社が大きくても、小さくても、ソーシャルメディアは重要なツールになりました。

多くの会社や店がFacebookページを作ったり、ツイートしたり、YouTubeで動画を公開したり、Instagramで商品や店の写真をアップしています。

でも最近「ソーシャルメディアがいいと言うからやったんだけど、手間ばかりかかって、売上につながらない」という声も聞こえてきます。
そういう人の話しを聞いてみると、FacebookやTwitter、ブログなどの使い方が間違っているケースがほとんどです。

ボクは「モノ」ではなく「体験」売るという「エクスぺリエンス・マーケティング」を、もう10年以上提唱してきています。

略して「エクスマ」。

エクスマの考え方で、毎日のように売上を上げる方法を企業にアドバイスしています。
その一環として、ソーシャルメディアの効果的な使い方もアドバイスします。ボク自身、Facebookとブログを5年くらい前から使い、たくさんの会社や経営者にも勧めてきました。
指導先のお客さまには、エクスマを活用してFacebookやYouTubeから、たくさんの売上を上げている会社がけっこうあります。

業界自体が厳しい環境と言われているアパレル業界

価格が安くて、デザインもいい洋服がたくさんあるから競争が激しくなり、ファストファッションの店にお客さまが移行して売れなくなっています。

そんな中、一切の値引きもせず、FacebookとTwitterで売れているアパレルブランドがあります。

株式会社ピーアイ。

代表取締役社長の奥ノ谷圭祐さんがエクスマを勉強しています。

この会社のブランドのひとつ「Keisuke Okunoya」は、シンプルなカーディガンとかボタンダウンシャツとか、ショートパンツなんかを作っています。
でも販売はソーシャルメディアのみ。
社長のブログで紹介して、FacebookとTwitterで新製品を紹介している。

そこからダイレクトメッセージやメールなどで注文を受ける。
冬に販売した、パーカーは16,000円、1回ブログで書いただけで、300名以上から注文があった。
同時に発売した、パーカーと同じ生地のショートパンツ(12,000円)も、セットで買ったお客さまがかなりいた。
それだけで売上としては1,000万円近くになります。
他にもシンプルな半袖のTシャツ(6500円)FacebookとTwitterだけで800枚以上売れた。

高額な費用のかかるECサイトも作らず、広告も、キャンペーンも一切しないで、ただSNSに投稿しただけです。

正規の価格でそれだけ売れるのです。
営業経費は限りなくゼロに近い。

ソーシャルメディアは「関係性」の構築を目的にする

このほかにも、ソーシャルメディアで売上が上がった例というのはたくさんあります。
コンサルタント業の塾生さんが、参加料10,000円のセミナーをソーシャルメディアだけで告知。
あっという間に定員の150名が集まった。

小さなエスニックレストランがTwitterのフォロワー(読者)とコミュニケーションしているうちに、リピーターが大勢増え、リピート率が上がった。

温泉旅館の若社長が車いすでも旅行ができる、ということをブログやFacebookで投稿しているうちに、大手出版社が発行しているメジャーな雑誌に取り上げられ、たくさんのお客さまが利用してくれるようになった。

美容院の店長が、Instagramに写真をアップしているだけで、新規のお客さまが劇的に増えた。

こういう事例はボクの周りで枚挙にいとまがないくらい増えています。
もう今では、エクスマ的な考え方でソーシャルメディアを活用すると、結果的に成果が出ると確信しています。

SNSで「関係性」を構築するために大切なコト

関係性というのは、一朝一夕にできるものではありません。
たとえば誰かと関係が深くなっていくのは、時間がかかりますよね。
会ったり、話したりしながら、少しずつ関係性が深まる。

SNSでも同じです。

コミュニケーションが大切だということです。
情報を発信するとともに、相手にも関心を寄せるということ。
具体的にいうと、友人のTwitterでいいツィートがあったら、リツィートしたり、お気に入りしたり、返信したりすること。
そうすると、相手の人もあなたのことを見てくれます。
Facebookでいい投稿があったら、積極的に、いいね!をしたり、シェアしたり、コメントをしたりすることです。
友人のブログの記事がよかったら、はてぶ、Twitter、Facebook、Google+などでシェアすることです。

自分だけ発信して、交流しない人は「関係性」を構築することが難しい。

前述の、アパレルメーカー短パン社長が、どうしてFacebookだけでたくさん売上があがるのか、彼のブログ記事にそのヒントがありました。

【ボクは発信しているだけじゃなく、友人やお客さま、大切な人達の発信を常に見ています。】

これを読んで、納得でした。
あなたも、積極的にコミュニケーションして、SNSで関係性を構築しましょう。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする