遊びのような仕事 仕事のような遊び

面白がる視点が大事

昨日から伊豆の熱川温泉に来ています。
いいホテルです。
ボクの実弟がここの仕事をしています。
館内のパンフレットやウェブサイトなどのアドバイス、デザイン、作製をしている。

それで、昨日は弟と館内を見てまわりました。
そして、気づいたところ、こうしたらもっと売れると思われるポイント。
「こうしたら面白いじゃん」というようなことを話していました。
依頼されたわけじゃないんですけど、弟から聞かれたから意見を言った。
こういう勝手にコンサルするのは楽しい。
何度も、こうしたら、ああしたら、「面白れ~~~」って言っていた。

温泉旅館の部屋から見えた新春の海

温泉旅館の部屋から見えた新春の海

「面白れ~~~」

っていうコトバを良く使います。
世の中、面白いコトがたくさんあるから。
本当に面白いコトが世界に溢れている感じです。
そういうと、「面白いことなんかない。よくそんなに面白がれますね」と言われることがある。
ボクが面白いっていのは、ボク以外の人はは面白くないのかもしれない。
あるいは面白さに気づいていないのかもしれない。
いつもいつも、面白いことがないかなって、探しているわけでもないんですけど、ついついそういう視点になっているんだと思う。

勝手にコンサルが習慣

たとえば、名刺交換とかする時、相手の名刺をもらって、どんな仕事をしているのかがわからないコトがあります。
ボクは質問をします。
「何の仕事をしているんですか?」
「カラーセラピストです」
「カラーセラピストってなんですか?」
「その人の運が良くなる色をアドバイスするんです。色ってとっても人間に影響を与えるんですよ」
「服の色やアクセントに使っている色、たとえばもっているバッグとかネクタイとか、その人独自のカラーがあって、人は使うと運気が上がる色と下がる色があるんです。それは個人個人みんなちがうんですよ」
「へぇ~、そうなんですか?面白いですね~」
(名刺じゃそんなコトわからないな。もったいない。今話したコトをそのまま名刺に書けばいいのにな)
そういう状況になったら、カテコンを頭の中でしていくわけです。

カテコンっていうのは「勝手にコンサル」の通称です。
エクスマの中では結構有名な手法です。
依頼もされていないのに、勝手にコンサルをするという意味。
もちろん本人には伝えませんよ。
だって、余計なお世話だから。

面白い仕事なのに、名刺では伝わっていない。
ボクだったら、まず目立つところに、キャッチコピーを入れるな。
「運気を上げる色と下げる色があるのをご存知ですか?」とかね。
そしてその下に、カラーセラピスト○○○○って名前を入れて。
「運気を上げる色、下げる色は個人個人でちがいます。あなた自身の色を知りたい方はぜひ○○してください」
そんな名刺にするよな。
ウェブサイトにたくさんカラーのコンテンツを作って、そこに誘導する。
「パーソナルカラーの秘密」で検索とかね。
そして、そこで関係性を作りだし、セミナーをやったり本を売ったり、グッズを売ったりする。
個別のコンサルの依頼につなげていけば、うまくいくだろうな。

そんな妄想をするわけです。

一枚名刺交換するだけで、一瞬でこれだけ妄想できる。
こういうこともボクにとっては「面白いコト」なんです。

妄想してみる

名刺交換だけでなく、何をしていても、そんなこと考える。
温泉旅館に泊まったら、温泉の照明をこう変えたほうがいいとか、売店のPOPはこうしたらいいのに、パンフレットは、アンケートは、部屋は・・・とかね。
飲食店に行ったら、メニューの書き方をこうしたらもっと売れるのに、盛りつけをこんな風にしたらSNSでシェアされまくるのに・・・とかね。
伝わらないTV-CMを見ていても、折込チラシを見ていても、飲食店に行っても、物販店に行っても、宅配ピザを頼んでも、医者にかかっても、本を読んでいても、ウェブサイトを見ていても。
いつもいつも「ボクだったらこうするのにな」って、カテコンをしてしまう。

依頼されている仕事じゃなくても、ドンドンそんなことを無意識にやっている。
それが正解かどうかはわからない。
でも、それで妄想するのが、とっても楽しい。

カテコンは、ボクの仕事に直結している面白さだけど、本当に何をしていても面白い。
新幹線や飛行機で移動している時も、ホテルの部屋でひとり原稿を書いている時も、ソーシャルメディアで友達や知り合いの投稿を読んだりコミュニケーションしている時も、いつも面白いって感じる。

今年は面白がることをするといい。
どうしたら面白くなるのか、どこが面白いか。
面白がる毎日になる。
そうするとビジネスのヒントもたくさん見つかるし、なによりも毎日が笑顔になって楽しくなると思う。

遊びのような仕事、仕事のような遊びが、これから主流になっていく。そう思うんです。

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

現在募集中のセミナーや講座

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・2024エクスマ塾108期-109期募集中

AIの台頭、不安な社会、ますます世の中は予測不能な変化を迎えるでしょう。
エクスマを学んでいると、どんな時代になっても怖くない。
SNSビジネス活用 販促の基本 そして仲間。
あなたもエクスマ塾生になりましょう!
迷っているのはやりたい証拠!

今すぐ! ここから詳細を見てくださいね。

 

・塾生限定「エクスマ学院」募集中

これから「超・個人の時代」になっていく。
あなたの「好きなこと」「得意なこと」を仕事に生かして、世の中や人々に貢献する時代。
それは「自分らしさ」で競争から抜け出すと言うこと。
完全なる「独自化」です。
そのために、教養やリベラルアーツを学ぶことです。
そうでなきゃ、AIに仕事を取って代わられるか、人々から選んでもらえなくなる。
今こそ教養を楽しんで学ぼう!

美術、音楽、歴史、AI、文学、哲学、宗教など、幅広い興味を持つための講座です。
5/21、6/18、7/23
9/17、10/22、11/19
毎回火曜日 13時から1730
【ここから詳細を見てください】

・6/7(金)エクスマ塾生限定セミナー「エレメントE」

映画をテーマに毎月やっているリアルセミナー
「コスパ・タイパばかり追い求めるな!道草するからビジネスは成果が出る」
6月のエレメント詳細ここから見てね。

・藤村正宏のメルマガ

「エクスマ マガジン」<無料>です。

【藤村正宏のメルマガの登録はこちらから】


・講演依頼

オンラインでもリアルでも講演の依頼は大歓迎です。
社内研修、業界団体、勉強会、なんでも気軽に依頼してくださいね。 

【講演依頼はここから】

・エクスマショップ

僕がデザインしたエクスマオリジナルアイテム、Tシャツやパーカーなどを売っています。ここだけでしか買えません。一度見に来てね。

【エクスマショップ】

エクスマ思考マーケティング雑感
藤村 正宏をフォローする
タイトルとURLをコピーしました