世界一有名な美脚|ソニー・クラーク「クール・ストラッティン」

ジャズに興味はなかったのに

嶋倉くん(タイソン)が言った。
「ジャズなんて、まったく興味がなかったんだけど、最近聞くようになったんです」
タイソンは僕の塾生さん。

北海道の釧路で飲食店7店舗、貸しビル、中古車会社を経営している、若き社長です。
先日釧路に行った時、釧路の塾生さんが『喫茶リリー』に集まってくれた。
彼は僕の前の席に座っていていました。

「影響力について自分で考えてたときに、ふとJAZZなんて全く興味のなかった僕がJAZZを探して聴いてること。そういうことか。これが本物の「影響力」なんだって気付かされました。本当にありがとうございます!」

好きな人、尊敬している人、共感している人、信頼している友人が「いい」と言っていたことで、興味関心を持ち、そこから好きになることってありますよね。

彼の場合、ジャズがそうだったわけです。
僕が塾で、ジャズの素晴らしさを、実際にジャズを聴かせながら解説したのを聞いてジャズに興味を持ったのです。
こういうことがよく起きるわけです。

ジャズは難しくないよ

ジャズは難しくないよ

文化・芸術・哲学・宗教などから学ぶことは多い。
今までの経済はそういう定量化できないことを無視し続けてきたのです。
そこが歪みになっているんです。
これからのつながりの経済、関係性資本主義では、そういった数字に表せないところに価値が宿るのです。
だから経営者が音楽に興味を持つことはとってもいい傾向だと思うのです。
だから僕はもっともっと、文化芸術のことを啓発していきます。

ジャズを知らなくてもこのアルバムだけは覚えておこう

黒のタイトスカート
黒いハイヒール
モノクロの世界に
黄色の文字の
「Cool Struttin`」

世界で最も有名な美脚

一度みたら忘れられない美しいジャケットデザイン。

思わず、「ジャケ買い」したくなるほどの傑作。

814u8iLwbML._SX355_

ジャズのレコードジャケットは、デザインが格好いい。
いまでは当たり前のことだが、最初にレコードジャケットのデザインを、マーケティング的に考えた音楽はジャズだった。

ジャケットのデザインが売上を左右する。

そういうこと。

それをいち早く気づいたのは、たぶんブルーノート。
ブルーノートレーベルのレコードジャケットは、例外なくクールで格好いい。
ほとんどのものがフランシス・ウルフという写真家の写真を使い、リード・マイルスという人がデザインしている。

シンプルな色彩、格好いい活字、絶妙なレイアウト。
ジャケットをただ並べて眺めているだけでもそのデザインの良さに、ため息が出るほど感心してしまう。

そして、このアルバム。
ピアニスト、ソニー・クラークの代表作

「クール・ストラッティン」

ジャケットだけでなく、演奏も格好いい。

60年代70年代を通して日本のジャズ喫茶で、リクエストの多いアルバムベスト3に必ず入るほど人気の高いアルバム。
ジャズ初心者でも、ジャズのベテランリスナーでも、ジャズの魅力を堪能できるはず。
何度聴いても新しい発見がある。
ジャズが好きじゃなくても、このアルバムくらいは知っておいたほうがいい。

この世界一有名な脚の持ち主はカメラマンのウルフか、リード・マイルスどちらかの、女性アシスタントらしい。
撮影の日、なかなかイメージ通りの写真が撮れなかった。
それで、急遽、アシスタントの女性に歩いてもらって撮影した1枚が使われたという伝説も残っている。

クリエイティブっていうのは、現場力、ライヴ力が決め手になる。

 

The following two tabs change content below.
アバター画像
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
☆ ☆ ☆ ☆ ☆

現在募集中のセミナーや講座

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

・リアル開催 7/3(水) 「ショート動画で伝える力を手に入れよう! 」エクスマ トークセッション

1日も早く、ショート動画を活用してほしい!今ならまだ大丈夫。
そんな思いで、急遽、開催することにしました。

トークセッションは少人数制で、僕が一方的に話すだけでなく、参加者さんの相談にも乗ります。
ショート動画だけでなく、SNS全般やマーケティングの相談全般を受けます。
皆さんとトークを楽しみながら、グループコンサルのような形式です。

ここから詳細を見てね

・7月18日(木)塾生限定リアルセミナー『エレメントE』映画で知るアメリカの光と影

ビジネスパーソンは、世界史を学ぶといいと思う。
膨大な人類の経験が凝縮されているから。
今は、戦争や紛争、地球温暖化など、世界規模での問題が山積みだしね。
世界はすべてつながっているから、どんなことでも必ず日本にも影響を及ぼしている。
だから、過去知ることが、今を知ることにつながる。

世界史を学ぶことは、今の世界で何が起きているのかを、理解することに繋がり、世の中の成り立ちがわかってくる。

詳細はここから見てね

・エクスマ塾 コンテンツリニューアル中

AIの台頭、不安な社会、ますます世の中は予測不能な変化を迎えるでしょう。
エクスマを学んでいると、どんな時代になっても怖くない。

・塾生限定「エクスマ学院」

これから「超・個人の時代」になっていく。
あなたの「好きなこと」「得意なこと」を仕事に生かして、世の中や人々に貢献する時代。
それは「自分らしさ」で競争から抜け出すと言うこと。
完全なる「独自化」です。
そのために、教養やリベラルアーツを学ぶことです。
そうでなきゃ、AIに仕事を取って代わられるか、人々から選んでもらえなくなる。
今こそ教養を楽しんで学ぼう!

美術、音楽、歴史、AI、文学、哲学、宗教など、幅広い興味を持つための講座です。
5/21、6/18、7/23
9/17、10/22、11/19
毎回火曜日 13時から1730
【ここから詳細を見てください】

 

・藤村正宏のメルマガ

「エクスマ マガジン」<無料>です。

【藤村正宏のメルマガの登録はこちらから】


・講演依頼

オンラインでもリアルでも講演の依頼は大歓迎です。
社内研修、業界団体、勉強会、なんでも気軽に依頼してくださいね。 

【講演依頼はここから】

・エクスマショップ

僕がデザインしたエクスマオリジナルアイテム、Tシャツやパーカーなどを売っています。ここだけでしか買えません。一度見に来てね。

【エクスマショップ】

エクスマ思考ジャズ音楽
藤村 正宏をフォローする
タイトルとURLをコピーしました