マーケティングコンサルタント藤村正宏の自伝②

藤村正宏の自伝②

『水族館』という施設は、人間が考え出したもので、かなり優秀なものだと思う。
普段は見られない水の中を見られるというのは、すごい装置ですよね。
水族館が好きになった理由は、やっぱりこどもの頃の体験です。

両親が一年に一度くらい、札幌に連れて行ってくれた。
寝台特急で釧路から札幌まで行った。
釧路を夜出て、朝に札幌に着く。
のんびりした時代だった。
札幌に行くなんて、大旅行です。

父親が『全道展』という展覧会に入選するたびに、それを見に行ったんです。
ボクは展覧会より、その後つれていってもらう『小樽水族館』が楽しみだった。
イルカやアシカのショー。
泳ぎ回る、魚たち。
子ども心に、すごいな~と思っていた。

藤村正宏自伝003
札幌のデパートの屋上で撮影
神童っぽいでしょ(笑)

決定的に『水族館』というものが好きになったのは、この影響だと思う。
デパートでも、一番好きな売場はペット売り場。
そこの水槽を何時間も飽きずに眺めていた。
タツノオトシゴを最初に見た時には驚きでした。

子どものころ住んでいたのは炭鉱の住宅でした。
炭住には小学校がいくつかあった。

小学校は3つ通った。
『釧路市立桜ヶ丘小学校』1年に入学。
小学校1年生の秋に、弟が生まれる。

藤村正宏自伝004
左が弟の『道宏』、右はボク

2年生のときに引っ越しで転校。
『釧路市立朝陽小学校』に入る。
そのころは神童と言われていた(笑)

図画工作が一番得意だった。
国語、算数、理科、社会は勉強しなくてもいつもトップの成績。
小学校に入る前から、なんか知っていた感じ。

神童っていわれたので、試験を受けて、そのときに新設された
『北海道教育大学附属小学校』に6年生で転入。
その後、『北海道教育大学附属中学校』に進むのですが、そこで神童時代は終わるのです。

つづく

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする