運が良くなるコツ。成功している人は共通点がある。

税金を納めて思ったこと

朝早く起きて、福岡に来ています。
パナソニックさんの社員向けセミナー&ワークショップをこれからやります。
明日は福岡で「エクスマ新春セミナー」です。

早起きしたら、富士山が朝焼けに映えて、きれいでした。
それだけで、うれしい気分になります。

朝焼けの富士山

朝焼けの富士山

過去、現在、未来と時代は移っていきます。
でもボクたちは、現在という一瞬しか捉えることはできません。
その現在、今生きている時に、よろこびを感じられる自分でなくてなならない、そう思うのです。
今を生きるよろこびを感じられる自分になりたいと、思う。
人はそれぞれ、いろいろな生き方があるものです。
でも、今生きるよろこびを味わえていない人が多いように感じます。

先日、税金を納めました。
これは当然の義務だから、しっかり収めました。

自分たちの納めた税金が適格に使われていない報道なんかを見ていると、何やってんだろうな~って思うこともあります。
中には、そういうことを聞いて、納めるべきものさえ納めない人もいます。
でもそんなことしていたら、社会は秩序が乱れ、良くない社会になっていく。
納めるべきものは、納めるべきです。
そんな考え方をしていたら、生きること自体が楽しくなくなります。
基本に返って考えたら、そんなことは言われなくてもわかりますよね。
それに、税金を納めることを「もったいない」って思っている人は、確実にお金持ちにはなれません。

運がいいとか悪いとか人は時々口にするけど

運がいい人と悪い人って確実にいると思う。

運を良くするためには、運が良くなる思考をすることが大事です。
思考がそうなれば、行動がそうなります。
そうすると、自然に運が良くなるんじゃないかなと思う。

運が良くなる思考

不平不満を言わないこと。
他人の悪口を言わないこと。
環境に順応して生きること。
まわりの些細なことにも感謝できること。
心穏やかに生きること。
自分の良いところを生かすこと。
社会や誰かのため奉仕すること。

あなたの周りの運が良い人を観察してみてください。
この中のいくつかが当てはまると思います。
なかなかできないことも多いと思います。
でも、そう努力する思考は大切です。

楽しく毎日を過ごすことが大事です。
そのためには、まわりの小さなことに仕合わせを感じられる自分になること。
いちいち人のことを気にしたり、いちいち細かいことに首を突っ込まないことが大事。

知識を知恵にして、生かすこと。
自分が持っている知識、体験を社会のために役立たせることです。
そうしたら、多くの人のために役立ちたいと思う心になっていきます。

そうしたら、日常の見慣れた風景も、とっても美しい風景になります。
自然はすべて美しいと思える。
心が穏やかになり、不安や不満、迷いや悩みは消えていきます。
そうすると薄皮をはがすように、開運していくのだと思う。
基本真理はここにあるんです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする