身のほどを知る 焦らない 無理をしない

いっぱいに入ったグラスに水をそそぐとあふれる

人間は誰しも欲があります。

いい家に住みたい。
いい生活がしたり。
健康になりたい。

でも、自分の器以上の過ぎた欲、身に合わない欲は不幸を招きます。
器からあふれてしまったものは、悪い影響を与える。

「いっぱいになっているコップに、それ以上水を入れるとあふれてしまいます。そのあふれた水が災難や不幸になってしまうのです」

若いころ(27歳くらい)、ボクが言われた言葉です。
もう30年も前です。

グラス001

たとえイメージして手にいれたとしても、もしそれが身に合わなかったら、経験しなくてもいい不幸を招いたりする。
夢がかなって、会社の経営者になっても、まだその器じゃなかったら、苦労します。
自分の本来の姿を隠して、無理をした行動をとっているうちに、それが苦しみや誤解を生みだす。
虎の威を借る狐状態になってしまう。
それは決していい結果にはなりません。

器からあふれたことが、不幸を招くことが多い。

手放すこと、あきらめること、そういうことは悪いことではない。
だって、あきらめきれないから、苦しむのです。
苦しまなくてもいい苦しみから生まれるものは、決していいものではありません。

これからの世の中、しあわせになるには、ビジネスで成功したいなら、「執着心」をもたないことです。
手放したり、失うことを怖がらないこと。
焦らないこと。
時期を待つこと。
自分の器を知ること。
こういうことが大事になるんです。
あなたがしっかりと周りの人のためにできることをしていたら、結果、あなた自信の器が大きくなっていき、たくさんのものが入ってくるのです。

まず、自分の器を大きくすることを目標にしましょう。
そのためには「和合」です。
心穏やかに、不平不満、人の好き嫌いをなくすこと。

どんなことがあっても、穏やかな心で過ごせるようにすること。
まず、現状に満足することです。

あなたはもう仕合わせをたくさん持っている

今に満足することは、成功するために必須なことです。
今の状況に満足、今日に感謝の心で生きること。
それがとっても大切です。

食べるモノに困らなかったら、それが当たり前になる。
家があれば、それが当たり前になる。
仕事があることが、働く場所があることが、当たり前になる。
人間、当たり前のことに感謝できなくなります。

今日の一日は、昨日亡くなった人が、どうしても生きたかった一日なのです。

「ぜいたくを言ったらきりがない」
「相手もいろいろ事情があるから」
「お互いさま」
そんな感覚がいつも心にあると、イライラすることもなく、心穏やかに過ごせます。
豊かな感じ方ができるようになります。

体調があまりよくなかったら、無理をしないで休養することです。
雨が続いても「あいにくの雨」と思うのではなく「雨はすべて恵みの雨」と思うようにする。
嫌な相手でも、理解して協調するふところの大きさを持つ。
暑くても寒くても「今日も穏やかに過ごせた」と心が満たされ、豊かな心で生きていけるようになります。

そんな日常を過ごすために、今に満足することが大切なんですね。
なかなかできることではありません。

ボクもこんなこと書いていますが、あなたと同じです。
なかなかできない。
でも、当たり前のことに意識的に感謝してみると、何か気づくかもしれません。
当たり前のことに、感謝の心をもってみましょう。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする