【販促の基本】伝えたい相手がどこにいるのか?

大型SCのスタッフはSNSを活用するのか?

昨日、イオンモール鹿児島で、イオンモール専門店の店長さんやスタッフさん向けにセミナーをやりました。

セミナーの様子

セミナーの様子

「ソーシャルメディアは集客に役立つ」というテーマでした。
イオンモールさんも、SNSをとうとう無視できなくなってきたということ。
今年は、九州12ヶ所で実施します。
鹿児島は6ヶ所目。
今日は熊本の八代市で実施します。

大型SCテナントのスタッフも「エクスマ的SNS活用」を勉強しているわけです。
すごい時代だなって思う。

伝える相手がどこにいるのか?

イオンモール鹿児島のセミナールームのお隣に喫煙室がありました。
その喫煙室に貼ってあるポスターがマーケティング的にすごいと思った。

イオンモール鹿児島の喫煙室

イオンモール鹿児島の喫煙室

モールの3階にある珈琲専門店のポスターなのです。
愛煙家の人だけに向けてお知らせしているポスター。

愛煙家のみなさんに向けて

愛煙家のみなさんに向けて

これは行くでしょ!

僕たちは、昼休みとセミナー終了後に2回行きました。
僕しかタバコ吸わないんですけど、スタッフは僕に合わせてくれた。
(ごめんね)

店の価値を伝えたい人がどこにいるのかを、しっかりと考えた販促です。
「誰に、何を伝えて、どうしてほしいのか?」
これを明確にすることが、販促の基本です。

タバコが吸える喫茶店を好む人は、喫煙室にいる。
当たり前のことですが、こういう視点を持てない会社や店が多いのも事実です。
あなたのお客様になりそうな人はどこにいるのか?
それを考えること。

若い人を相手にしている商売だったら、Twitterをやらなければもったいないということ。
若い世代の人の多くは、Twitterを使って遊んでいるのですから。

もったいないレストランの照明

鹿児島から熊本に移動してホテルにチェックイン。
僕もスタッフも疲れていたのか、食事に外出したくなかった。
そこでホテルの最上階のレストランに行きました。

ホテルのレストランの入り口 ワインが並んでいる

ホテルのレストランの入り口
ワインが並んでいる

なんだか雰囲気がよさそうなレストランです。
でも店に入ってちょっと「違和感」。
店内の照明が、蛍光灯の色だった。

これはもったいない。
コスト削減のためにLEDランプを使っているのでしょうけど、白い光は雰囲気を台無しにします。
雰囲気が落ち着かない。
だからゆったりとした時間が過ごせない。

料理も美味しく見えない。
実際は丁寧に作ってくれた、美味しい料理だったんですけどね。
とっても、もったいないことです。

照明が蛍光灯色

照明が蛍光灯色

料理の魅力も半減

料理の魅力も半減

LEDランプを使うのは、まったく問題ないと思うのですが、色を選んだほうがいい。
電球のような暖かい光のランプもあるのです。
すべてのランプを変えても、たいしてコストはかかりません。

商業空間を考える時には、どういう体験を届けるのかを考えることが大事です。
照明のセレクトは大切な要素。
夜の空間は照明デザインでかなり雰囲気が変わるのです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする