たくさんの人に読んでもらえるブログの記事を書く方法

 ブログで専門情報を発信し続けることは大変

長野県白馬にある「ホテル五龍館」で、エクスマ的ソーシャルメディア活用セミナーを合宿でやっています。
今日は一日目です。
いつもこの研修をやっていて思うのは「ブログやっているんだけど、毎日書いているとネタがなくなってしまって、続かないんです」っていう悩みを良く聞きます。

今回はそんな悩みを解決できる記事を書きます。

エクスマ的ソーシャルメディア活用講座初級編

エクスマ的ソーシャルメディア活用講座初級編

講師陣

講師陣

インターネットのホームページやブログに、専門的な情報を載せているというのは、とても重要なことです。
それは、お客さまとの接点が劇的に増加するということだからです。
インターネットのホームページ上で発信した情報は、ブログの記事も含めて、消えることなくずっと公開できます。
どんどん、情報が蓄積されるということです。

紙の情報、たとえば企画書やカタログ、会社案内などとちがい、情報量の制限がないので無限に情報を掲載することができるんです。
情報を知りたい人が探してわざわざやって来てくれる。
インターネット上では、かなりニッチな情報を探している人もいます。
専門的なことを、もっと深く知りたいと思っている人もいます。

そう考えると、あなたが提供できる情報を必要としている人が、どこかに必ずいるということです。

だから、情報を常に発信して、蓄積すればするほど、お客さまとの接点も増えていくってことになるわけです。
ここが一般的な広告とちがうところです。
広告は一度出すとだいたい終わりです。
すぐに消費されてしまいます。
インターネットでは、情報が半永久的に残り、検索される可能性があるんです。
お客さまとの出会いの確率が高まるということ。

でも、ホームページにそんなたくさん専門情報なんて出せない。
自分でホームページを作れないから、業者に頼まなければならない。
そうすると予算が合わない。
そう思っている人もいるでしょう。

でも、ブログだったら、それは解決します。
ホームページだったら、専門的な情報をある程度まとめて発信しなければ格好がつきません。
でも、ブログは少しずつ書いていけばいいのです。
そして、ホームページを作れない人でも、カンタンなので、気軽に発信できます。
そして、とっても効果のあるものになるのです。

毎日のようにブログでいい情報、役立つ情報、悩みを解決する情報、願望を達成する情報、などを発信することで、読んでいる人は「このブログは役立つな」とか「ここに書いてあることは面白いな」とか、思ってくれるようになります。
いつも固定されているホームページの情報より、ブログの新鮮な情報を知りたいと思っている人が多いのです。
だからブログはとっても効果がある。
毎日のように更新されると、毎日見に来る人もいます。
こういうお客さまは、もうあなたのファンになっているという状態。

でも、ブログってなかなか難しいことも事実。
一番多い悩みは、ブログに何を書いたらいいかがわからない。
ブログのネタに困ってしまう。
だから、いつも日記のようなブログになってしまう。
そんな悩みです。「毎日のように、そんな専門的な記事は書けない」そう思うのも、無理はありません。

それはプロのライターでも、けっこうたいへんな仕事ですから。
でも、毎日は無理でも、週に1本くらいは専門性のある記事を書けると思う。
そういう記事が溜まっていくことで、あなたのブログは専門性が出てきて、たくさんの人に認識されていくのです。
検索エンジンも、専門性が高いサイト、いい情報を出しているサイトは検索上位に表示するのです。

ブログのネタに困ったらQ&Aサイトを参考にする

ネタに困るようでしたら、ヤフーの「知恵袋」とか、「教えてGoo!」などのQ&Aサイトを見ることをおススメします。

たとえば、あなたが漢方薬の相談薬局をやっているとします。
そうしたら、たとえばお客さまの悩みってたくさんありますよね。
「ダイエット」「アレルギー」「不妊」「アトピー」・・・キーワードがたくさん出てきます。

そうしたら、もし「アトピー」というキーワードで記事を書きたいと思ったら、Q&Aサイトにそのキーワードを入れてみる。
そうしたら、一般の人が「アトピー」に関して知りたいことが質問形式でたくさん出てきます。
それに答えている人の回答も見られます。

「アトピーは遺伝しますか?」
「母親のアトピーは子供に感染しますか?」
「アトピーなのですが出産について」
「彼がアトピーの人いますか?」
などなど、たくさんの質問が出てきます。

それを丁寧に答えていく記事をあなたのブログに書くのです。
これは「良記事」になる可能性がかなり高くなる。
だって、世の中の人々が知りたい情報だからです。
いい記事というのは、人々が知りたいと思っている情報を発信している記事だから。
そういう記事がたくさんあなたのブログに蓄積されていったら、これはすごい財産になります。
そういういブログを書いていると専門家として、認知されるわけです。

「人々の知りたいことを書く」

これがブログの基本です。

ブログを上手に活用すると、確実にあなたの情報がたくさんの人に読まれることになります。
インターネット上では、その道の第一人者と認識されるということです。
掲載する情報の内容を考えることによって、見込み客との接点が劇的に増えていくのです。
ということは、インターネットをとっても優れた広報の道具に、あるいはあなたの会社の自動販売機に、あるいは24時間働く優秀な営業マンにすることも可能なのです。

あとは行動するだけです。
やってみて、ダメだったら変えればいいんですから。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする