常識に縛られていると選択肢が少なくなる|大阪エクスマセミナー

エクスマ大阪セミナー無事終了

大阪で実施したエクスマセミナー、無事、大好評のうちに終了しました。
いつもより参加人数が少なかったから、濃いセミナーになりました。
懇親会では参加者さんからの具体的な質問に答えるコーナーもあったりで、とっても面白いセミナーでした。

西山浩一社長と山下小百合さん。
ゲスト講師の二人も、とてもいいお話をしてくれました。

働く常識が変わりつつある

懇親会の様子

一人が一つの職業というのは、20世紀の古い考え方です。
ほとんどの人が、365日ネットにつながるスマホを使っている時代。
いたるところにワイファイが整備されている時代。
個人が発信できるSNSやブログがある時代。
こういった環境を利用して、個人でも様々な仕事ができるわけです。

そして、多くの仕事が「場所」を選ぶことなくできる。
東京でも、過疎が進んでいる地方でも、どこでも同じ環境で仕事ができる。

一流大学を出て、東京の一流大企業に勤めて、過酷な競争原理の中で働くより、生活コストが安い地方の町で、家族と仕合わせにゆとりのある仕事をしたいという人も増えています。
例えば、手作りのアクセサリーをSNSとブログを使って売りながら、Twitterのやり方楽しみ方をマンツーマンで指導する。そして、自分で作った野菜を売ったり、農家のお手伝いをしたり、そんなふうに複数の仕事で、月の収入が30万円くらいある。
家賃などの生活コストが安い地域だったら、それくらいで十分豊かな暮らしができる。
そんなライフスタイルで生活している人も、たくさんいます。

東京でなければ仕事がない、だなんて思い込まないことです。
たくさんの人たちとつながっていたら、自分の好きなことが仕事になる時代なのです。

参加してくれた、web会社、システム会社の社長をやっている白藤沙織さんが感想を書いてくれました。

常識を捨てる。
何度も藤村先生のお話を聞いてますが、今日改めて思ったことがひとつ。
東京に行かなきゃ仕事はないっていう、Web屋やシステム開発会社の常識から離れようと思った。
東京の仕事をしないってことじゃないの。
東京がよくて、北海道に仕事はないって決めるのが違うかなって思うから(^○^)
北海道にいて、何ができるかまずは行動することだよね(*≧∀≦*)
たのしいね。

白藤さんありがとう。

常識に縛られていると、選択肢がものすごく少なくなるのです。
それは自由の芽を自ら摘んでいるみたいなもの。
大きなチャンスを逃すのです。

現在募集中のエクスマセミナー

今年最後のエクスマセミナー
12月25日 エクスマセミナー in 釧路 クリスマスセミナー

【12月25日釧路セミナーブログ】

2018年1月26日 エクスマ新春セミナー 東京

【新春セミナーはここから参加表明してください】

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする