お金がかかるから自分でやろう、というのは危険な考え方

大人になってからの勉強が本当の勉強

昨日、小樽で実施したエクスマセミナーは、とっても好評でした。

本を読んでボクのセミナーに参加した人は、
「本を読んでいるだけだと、はらに落ちなかったんですけど、お話を聞いてよく理解しました。」
そう言ってくれました。
セミナーのよいところは、実際の話をナマで聞けるということです
本を読むとの、ナマで聞くのでは、圧倒的に伝わる価値がちがうんです。

「目からウロコでした」
「ビジネスセミナーとは思えないくらい楽しかったです」
「弟子入りしたいです!」

うれしい感想、本当にありがとうございます。

約100名の方々、みんな意識の高い、素晴らしい経営者やリーダーでした。
だいたい、月末の月曜の昼間から、お金を払って勉強しようなんて人は、タダ者じゃないですよ。
今の時代、ビジネスで輝く必須条件かもしれない。

セミナー会場は昭和な感じの店

セミナー会場は昭和な感じの店

実際のはなし、大人になってからの勉強ほど重要なことないです。
特に、ビジネスで成功したかったら、勉強しなければなりません。
ボクも仕事柄、たくさんの中小企業の経営者とお会いしますが、成功している人というのは、確実に勉強しています。
というか、勉強していない人は成功しないんじゃないかと思うくらい、みなさん勉強しています。
どうしてかというと、勉強することによって「独自化」できるようになるからです。
勉強することで、あなたの会社やあなた自身に付加価値がつくからです。
そして、その価値を発信することです。

大人になってからの勉強が、ある意味本当の勉強なんです。
学生時代の勉強はあまり役立たないけど、大人になってからの勉強はとても役立つ。
大人になってからの勉強はそのまま利益につながるってことです。

時間がないから勉強したくてもできない。
よくそういう人がいますが、「時間がない」というのは言いわけです。
だいたいルーティンワークをしている場合じゃないから。
経営者やリーダーは仕事している場合じゃないぞ。

お金がかかるから自分でやろうというのは逆にお金がかかる

昨日のセミナーの様子 中小企業診断士、乗山さんが講演中

昨日のセミナーの様子
中小企業診断士、乗山さんが講演中

昨日の小樽セミナーは、13時~18時(実際は19時前に終わった)でした。
参加料は、2万円。
無料のセミナーに慣れている人は、この料金がネックで参加しなかったっていう人もいるそうです。
でもね、ボクのセミナーだけでなく、役立つセミナーというのはお金を払うセミナーです。

セミナーなどで話す人は、たくさんの時間とお金をかけて、スキルやノウハウを構築してきたのです。
その時間をかけて創り上げてきたことを教えてくれるわけでしょ。
だから、無料なんてありえないわけです。
教えてもらうためには、お金がかかるわけです。

会ったこともない人から、連絡がきて「ホームページをリニューアルしたのですが、アドバイスしてください」。
あるいは、一度名刺交換した人から「ぜひお会いして情報交換しましょう」とか・・・
そういうのがたまにあります。
でも、会ったこともないし、友だちでもないし、興味すらないのに、どうして無料でアドバイスしたり、情報を上げなければならないの?
そう思いませんか?

お金がかかるから、自分でやろうという人がいますが、それは逆効果になる。

たとえば、反応のいいチラシを作る方法っていうのがあります。
それを教えてもらったら、反応のいいチラシができたとします。
もし教えてもらわず、見当違いの間違ったやり方で、チラシを作っていたら、そのお金はムダになります。
ムダどころか、販促っていうのは、会社の利益から経費が出ているわけでしょ。
反応のない販促をやればやるほど、利益が減少するのです。
勉強しないと、マイナスになるってことです。
自分でなんとかしようとすると、時間とお金がかかり過ぎるんです。
だって間違ったやりかたを続けているんですから。

勉強をケチっては、成功しないですよ。
「教えてもらう」ことはお金がかかるってことを認識しないと、現代のビジネスはなかなか難しい時代です。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする