【大好評でした!】差別化するな!独自化しよう!5月21日 札幌セミナー

無事終了しました。
ありがとうございます。

おかげさまで大好評でした。
本当に面白かったな〜〜〜

 

ビジネスや仕事の常識が非常識になってきた

北海道のみなさん、お待たせしました。
年に一度、札幌で実施するセミナーの告知です。
5月21日(月曜日)午後1時から
ジャスマックプラザホテル パーティプラザ「ザナドゥ」です。

<参加希望の方は以下のフォームから参加表明を>

【5/21エクスマセミナー in 札幌 参加フォーム】

世の中が急速にアップデートしています。
ビジネスの常識が、今では非常識になってきています。
例えば、今までのビジネスでは、差別化という言葉がしょっちゅう使われていました。
競業他社の商品や動向を気にして、そこよりも優位に立つことを考えてばかりいた。
でもその考え方は、熾烈な価格競争とか、開発競争、などいつも戦いになる。
そして結果、競業他社ばかり見て、お客様不在になることも多い。

独自の価値を持つことが必要です。

たくさんの似たような商品や会社がある中で
消費者はどこで、何を買ってもいい
あるいは
何も買わないという選択肢があるにもかかわらず
どうしてあなたのところで買わなければならないのか?

この質問に明確に答えることができるますか。
もしその答えが「他より安い」とか「他より便利」とかだったら、今後は難しいかもしれません。

独自化するためには、商品を売っているという意識でやっていてはダメです。
商品は結局、他の商品で代替できるのですから。
商品を買うのではなく、あなたから商品を買いたい。
そんな風にならなければ、これからますます売れなくなります。

今売上が下がってきていると感じている方
もっと売上をあげたいと思っている方
自分のファンをつくりたいと思っている方
なんだか時代に乗り遅れているんじゃないかと感じている方
今の会社が嫌になっている方
会社を辞めて起業しようとしている方

こんな方にオススメします。

年に一度しかやらない札幌セミナー、ぜひ参加してください。
ボクもたくさん話しますが、ゲスト講師もいます。
エクスマで成功した人たちです。

ゲスト講師紹介

【ゲスト講師】

鵜沼聡志 氏  Twitter
元、鶴雅リゾートのソムリエで、現在はフリーのソムリエとして活躍している。
ワインのイベントや飲食店の開店のアドバイス、SNSの活用などのコンサル。
フリーのソムリエと、飲食店の知識、そしてSNSと、自分の独自の価値を発信しています。
彼がエクスマと出会ったのはもう14 年くらい前。
どのようにエクスマを活用して、どのように自分の価値を作り出し、見出し、築いていったのか。
そして、鶴雅リゾートを辞め、起業して現在に至るまでを、お話ししてもらいます。

【ミニセミナー講師】

今回は、北海道の塾生さんを中心に、他4名の講師にミニセミナーをしてもらいます。
ミニセミナーとは10〜15分くらいの短いセミナーです。
本質に迫ったセミナーになると思う。

松本則夫 氏 Twitter
帯広と札幌で、建築・輸入建材を販売してる会社「株式会社カネマツ」の社長。

篠木麻希 氏 Twitter
しあわせフセン塾という、付箋を使って思考を整理し新しい発想を生み出す塾を主催。大学でも教えている。

中村圭助 氏 Twitter
あの有名な小樽の老舗寿司屋「おたる政寿司」常務取締役。

平松泰人 氏 Twitter
デジタル販促マーケッター まちゃ。

迷っていないで、今すぐ!
以下から参加表明をしてください。

【5/21エクスマセミナー in 札幌 参加フォーム】

セミナー詳細

ぜひ、参加してください。 

【スケジュール】
13時から18時30分くらいまでセミナー(受付開始は12時40分頃予定)
19時くらいから軽食が出ます
20時くらいから質疑応答orトークショー
21時くらい終了

【参加費】25,000円(消費税込み 夕食付きです)
【定員】 50名
【会場】 札幌 ジャスマックプラザホテル、パーティプラザ「ザナドゥ」
WEBサイトアクセス情報

参加したい方は以下から申し込んでください。

【5/21エクスマセミナー in 札幌 参加フォーム】

迷っている暇はありません。いますぐ参加表明してね。
あ、ボクもたっぷり話しますよ。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする