SNSを抜きに語れない社会になった|比布町エクスマ化プロジェクト

比布町はエクスマで変わった

先週の土曜日、比布町のエクスマ化プロジェクト24回目でした。
最終回です。
11月24日と12月15日の2回は、比布町以外の人たちでも、誰もが参加できる、無料のオープンセミナーです。

2年間やってきて、比布町のみなさんもかなり変わりました。
たくさんの人たちとつながって、たくさん全国に発信している。
比布町のこと、比布町の名産品、比布町の店、比布町の魅力。
その結果、全国的にも有名になりました。
先週札幌でやっていた物産展に、比布町も参加しました。
昨年も同じイベントに参加していましたが、今年の売上は昨年の2倍以上です。
すごい成果です。
これで終わりではなく、これからスタートです。
さらに発信を忘れず、続けてほしい。

比布町のセミナーの様子

比布町は村中町長自ら、Twitterを使い、住民とコミュニケーションしています。
9月の震災時に町長のツイートが「神対応」だったと、全国的に話題にもなり、雑誌にも取材されました。
地方自治体の首長がTwitterをやることは、これから必須条件になるかもしれません。
ボクもそのことをブログを書きました。
【Twitterは災害時に力を発揮する|北海道比布町 村中一徳町長の発信】

雑誌い取り上げられた町長のTwitter

SNSを抜きに語れない社会になった

もはや現代社会は、SNSを抜きに語れない時代になった
もちろん、SNSを考えない経営やマーケティングはありえなくなっている。
10年前とは、環境が違います。
それを認識することが大事です。

どう変わったか?

【スマートフォンが爆発的に普及】
日本でのスマホの普及率は80%を超えています。
10代から40代の年齢の人たちの普及率は90%以上になっていて、50代でも75%、60代でも60%くらいの人がスマホを利用しています。
多くの人がスマートフォンを使い、今後もさらに利用者が増えることは間違いありません。

【情報が多すぎる】
10年前に比べ、情報が膨大になり過ぎて、選ばれにくくなっている。毎日、人々は、自然に入ってくる情報を見るだけで、時間を使っている。ただ情報発信していては、見られない。

【一方的な広告は雑音になった】
ユーチューブなどにCMが入るとスキップしたくなる。それは広告は見たくないということ。
SNSを使っている消費者は、企業の発信を見ないし、広告や売り込みを嫌う。

【友人や知人の情報は耳を傾ける】
企業の発信は見ないが、友人や知人、信頼してる人、好きな人の発信は見る。SNSのつながりの中で、たくさんの消費が起きている。

【全ての人はコミュニティに属している】
ほとんどの人はコミュニティに属している。家族、会社、友人、地域社会、などなど。
そのコミュニティにどうアクセスするか。そのコミュニティの中で、あなたの商品やサービスが、どう語られるか。それが課題になる。

【人々は楽しみたがっている】
仕事ができる人より楽しい人、面白い人の方が価値がある。仕事ができる人は世の中にたくさんいる。でも、面白い話をしてくれる人、楽しい人はそんなにいない。
論理的なことより直感的なことの方が希少価値。

【フォロワーの数は資産】
Twitter、Facebook、Instagram、そのフォロワーは資産となる。どんな人と、どれだけつながっているか。これからの時代フォロワーの質と量は、「信頼」と「共感」の証になる。

これからはSNSをうまく活用した会社だけが、新しい経済圏を作り出し、繁栄してくでしょう。

SNSの活用は縁を作るため

大切なことなので、くどいようですけど、繰り返します。
SNS活用は「関係性の構築」で販促や広告ではありません。
SNSを使って手っ取り早く売上を上げようなんていう、販促の延長線上で考えている会社は失敗します。
それにそんなSNS活用は「おもしろくない」し「やりがい」もないし、長続きしません。
そんなこと言っても、即効性がないと困る、という人もいます。
SNSは即効性がないように思えるけど、やっていたら早く成果が出る人もいます。
成果が出ないのは、やり方が間違っているだけです。

ビジネスの基本は、永続的なお客様との関係性です。
お客様に喜ばれ、笑顔になってもらい、ありがとうと言ってもらう。
それで仕合わせな人、豊かな社会に貢献する。
結果としてお金をいただく。
これが真理です。
SNSが普及したことで、そのビジネスの真理が実現しやすくなったのです。
商売の本質を体現するのが、SNSです。

色々と書いてきましたが、SNSには正解はありません。
最終的には、あなたの店に合った活用法があるはずです。
それを発見することが大事なのです。
でも、まずは今すぐ、行動することです。
社内でSNSの優先順位を上げ、SNSは仕事だと思うことです。
楽しくSNSを続けることです。

比布エクスマ化プロジェクト

これからのエクスマの予定

東京:11月19日(月曜日)東京エクスマセミナー 

今年最後のエクスマセミナーになります。
詳細はこのブログから
「自分の思い込みではなく、今一度、時代をしっかりと見つめよう」

ぜひ、エクスマセミナーに来てください。

2019年のエクスマ塾も募集しています。

あなたのビジネスを輝かせるために。
SNSでもっと影響力を持つために。
仕事を楽しむために。
人生を悔いのないものにするために。

ぜひあなたも、エクスマ塾生になりましょう。

詳細はこのブログから。

【募集開始】2019年エクスマ塾 全日程確定

2019年新春セミナーも日程が決定!

東京:1月16日(水曜日)
大阪:1月22日(火曜日)

スケジュールを空けておいてくださいね。
あなたの参加、お待ちしています。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする