世の中は大きく動きます|2019年の年頭に思うこと

2019年 謹賀新年

明けましておめでとうございます。
2019年新しい一年が始まりました。
元旦の夜の更新です。
今年もボクのブログをよろしくお願いします。

さてさて、ボクのブログを読んでくれている方、ボクのSNSを見てくれている方。
もうエクスマの思想を理解してくれている方は、新しい年を、心穏やかに迎えられたと思います。
今年も基本を忘れず、やりがいのある仕事と生きがいのある生活を送って。
仕合わせな時間をたくさん過ごしてください。

大晦日の昨日は、朝方まで起きていたのですが、今朝は家人に無理やり起こされました。
早起きして、朝食を食べました。
おせち料理とお雑煮でした。
一年の最初に食べるおせち料理は、様々な見立てをしていますよね。
例えば蓮根は、先々の見通しが良くなるようにという、見立てです。
栗きんとんはその色から金運。
海老は腰が曲がるまで長生き。
黒豆は健康運とまめに働くという見立て、昆布巻きはよろこぶのコブ。
新年の料理には、願いを込めたステキな見立てがなされています。
日本人は昔から、目に見えないものを信じる、素晴らしい心を持ち合わせているのです。
だから様々な見立てをおせち料理にして、願いを込めているわけです。

蓮根は見通しがよくなるように

それにしても、毎年のことですが、温泉旅館でのお正月はいいです。
美味しいものがたくさん食べられて、温泉もある。
のんびり、ゆとりのあるお正月を過ごせます。

今年は大きく世の中が動く年

午後からは旅館の近所の教会に新年初の祈願に行っていきました。
しっかりと今年一年を祈ってきました。

2019年、今年は世界が大きく動くでしょう。
世の中は必ず変わります。
まず確実に変わるのは「元号」です。
平成という年は確実に終わりになり、新しい元号の年が始まります。
これは元号だけでなく、他の分野やもちろんビジネスも、社会そのものの価値観が変わるのです。

時代の流れは、人が作っているように思いがちですが、基本は自然が生んでいるのだと思うのです。
その上に科学技術や知識などがある。
世界の流れは、仕合わせと安定を求めています。
それが複雑に関係し合って、世の中を作っていきます。

いい方向の流れに乗るためには、何が大切で、何が必要ないのかを見極めること。
シンプルに考えてみましょう。
そうすると社会の姿が見えてきて、先の見通しも明るくなります。
正しい関わりを探求しましょう。
それがわかれば、人生の迷いはなくなり、進むべき道が見えてくる。
縁、つながり、関係性。
とても大事な時代になる。

みなさんが、生きがいと希望に溢れ、仕合わせに過ごせる一年でありますように。
心から祈願しています。

今年もよろしくお願いします。
素敵な一年を。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする