あなたの中に眠っている、専門的な情報には価値がある

専門店のスタッフさんたちの発信を見ていて思った

今週、イオン九州さんの仕事で、テナントに入っている専門店の店長さんやスタッフの方々に研修をしました。
今年で3年目で九州各地でやっています。
講義をしたあと、POPを書く研修をするんですね。
何回も参加してくれる店長さんも多くて、好評な研修です。
やっぱり売上が上がっているからですよね。

専門店の店長さんやスタッフさんたちと関わっていると、いつも思うことがあります。
それは「専門店の情報って、価値があるな~」っていうこと。
本人たちにとっては当たり前の情報なのですが、一般の人にとって、それを知ることで生活が豊かになったり、得になったり、素敵な生活になったり、有益な情報だなって思う。

たとえば、先日研修に来てくれていた帽子専門店の店長さんが作ったPOPでは。

———————
知っていました?
紫外線対策には、つばの長さが7㎝以上必要なんです
キャップや小さめのつばの帽子で、オシャレに室内で被るのもいいのですが・・・
「今年の夏は絶対に焼けたくない」
そんなお客さまには、ぜひぜひつば広タイプをオススメしたいです。
———————

日焼けしたくない方はつばが7㎝以上ね

日焼けしたくない方はつばが7㎝以上ね

ふ~ん、なるほどって思った。
キャップくらいでもいいのかなと思ったけど、焼けたくないっていう人は7㎝以上のつば広の帽子がいいんですね。
こういうことって、帽子専門店の人にとっては当たり前だけど、一般の人には知らない情報ですよね。
有益な情報をお客さまにおしえて、さらに商品につなげています。
これだと売込みくさくないし、信頼や共感も作りやすいです。
具体的な数字7㎝というのが入っていることで、情報の価値も高まっています。
上手なPOPですよね。

このように、業界では当たり前の情報でも、一般のお客さまにとってみたらとっても有益な情報ってあるんです。

ほかにもたくさん知らない情報がありました。
メガネ専門店の方が書いたPOPも興味深かった。

———————
知ってましたか?
メガネを1本作る工程と自動車を1台作る工程の数は同じなんです!
型取りから仕上げまでの工程数は、約200工程です。
小さくても手間が掛っているんです!

そう、まるで子供のように・・・
———————

そんなに手間ひまがかかるんですね

そんなに手間ひまがかかるんですね

そんなに工程数があるんだな~
知らなかったことです。
たとえばこういうPOPを大きく作って、店の入り口に貼ってあったら、そこのメガネ屋さんの価値が高まりますよね。
専門家として知っている情報をしっかりと発信することで、価値が伝わっていくのです。

あなたも専門家、プロとしてたくさん情報を持っているはずです。
その中には、人々にとって有益な情報が必ずあります。

不満、不安、不便などのお客さまの「不」を解消する情報。
「へえ~~~」と言われるような情報。
知っていて面白い情報。

そういう情報を自分の中から探して、それを発信してみる。
わからない場合は、業界以外の友人と話してみたり、お客さまに聞いてみたりしましょう。
そしてスタッフみんなで話してみる。
そして、ダメ元で発信してみましょう。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする