「令和元年」になるんだな5月から|自分だけの利益を追求している時代は終わりです

調和と文化が大事な時代

新元号が「令和」に決まりました。

とてもいい響きで、ボクは気に入りました。
出展が万葉集というのも、とてもいいと思う。

「時、初春の令月にして、氣淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。」

の歌からの由来だそうです。

意味はこんな感じです。

「時は初春の令月、空気は美しく、風は和やかで、梅は鏡の前の美人がおしろいで装うように花咲き、蘭は身を飾る衣にまとう香のように薫らせる。」

令という漢字の意味に、令月(めでたい月)、令名(よい評判)など「よい」という意味があるそうです。

書店では「万葉集」関連の書籍の注文が、とても多くて、大変だそうです。
ボクも自分の本の中に、万葉集関係の本があったはずだと思い、本の地層を調べていたら、ありました。

「万葉集」、NHKの Eテレの番組の「100分de名著」の書籍です。
ちなみにこの番組はとても面白い。
ボクの好きな、伊集院 光さんがやっているのも、いい。
でもね、残念ながら「万葉集」の会は見ていなかった。
だから本を買っていたのですけどね。
まだ読んでなかったので、これから読もうかなと思っています。

安倍首相が記者会見でこんなことを言っていました。

「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められております。」

「悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定致しました。」

まさにこれからの時代、「調和」「文化」を象徴する元号だと思う。
世の中はどんどん調和や文化的なことを大切にする価値観になっていく。
文化を育み、自然の美しさを愛でることができる平和な日々。
豊かで、穏やかな心で過ごせる、そんな平和な社会になる。
そんな社会の実現のために、日本が世界のリーダーとして、正しい道に導いていく、そういう時代になるのだと思う。
ボクは本当にそう信じています。

ビジネスだって、そうです。
今まで正しいと思われていたことも、世の中の変化によって正しくなくなっていることもある。
調和とは逆のこと、文化とは逆のこと、そういうビジネスはもう受け入れられない時代になっていくんだろうと思うのです。
とてもいい時代になったと思う。

企業の行動や思考が人々に伝わってしまう

世の中が変われば、人の心も変わる。
今まで価値のあったものが、価値がなくなる。
そんなことがたくさん起きている。

当たり前のことですが、ボクたちはそういうことを、しばしば忘れてしまいます。
ビジネスにとって恐ろしいのは、そのことに、自分で気づかないこと。
うかうかしていると、取り残されます。
でも、ボクがそれ以上に恐ろしいと思うのは、世の中が変わっていくときに間違った方向に進んでしまうことです。
それは、変化を本当の意味で実感していないから。

そして、世の中には間違った方向に進んでいる企業がすごく多いような気がします。
「つながりの経済」の中では、企業の本音が生活者に伝わりやすくなっています。
SNSがインフラ化したことで、会社が隠し事をできない時代になったってことです。

「個人の利益を追求していた時代から、全体の利益を考える時代に」

こんな風に社会は変わってきている。

そして、そのことに世の中も気づいています。
目先の利益にしか興味のない企業や、一見社会のことを思っているように装って、自分の会社のことしか考えていない企業。そういう企業はもう生活者に選ばれません。

では、どういう企業が選ばれるのか? それは、愛のある企業。

企業だけでなく、人も一緒です。
自分の商品やサービスに愛を注ぎ込める人、お客さまに愛情を抱いて、つながる人だけが選ばれる。
昔からビジネスというのはそういうものでした。

自分のところだけ利益を出せばいい。
自分のところだけ戦いに勝てばいい。
そんな考え方の企業はこれからは選ばれなくなっていく。
だってそれは真理とはちがっているから。
だから、企業は考え方を劇的に変えなければいけません。
皆さんが経営者だったら、経営の仕方、考え方、方向性、全部を変えなければいけない。
本当にそのくらい変わりました。

これからの時代、変わらず価値となること。

それは、利他的であること、そして「社会や人々を仕合わせにする」というビジネスの真理に回帰することです。

ビジネスの真理に気づくためにエクスマに来てください

今月はエクスマセミナーが多いです。

まず4月5日、今週の金曜日
エクスマトークライブです。
基本的に藤村が全て話します。
まだエクスマセミナーに来たことのない人。
友人にエクスマを体験させたいと思っている人。
誰でも参加できます。

参加料は10,000円(懇親会費は別途)。

45日  (金)東京 募集中ですここから見てください

【募集開始】4月5日エクスマスタジオ・トークライブ「販促の基本」|伝わらないものは存在しない

4月15日(月曜日)東京渋谷 エクスマセミナー

エクスマセミナーは、エクスマの中心になるセミナー。
午後1時から夕食付きで午後9時まで。(約8時間)
藤村の話はもちろん、エクスマで成功した塾生さんの話が聞ける。
本当に成功したかったら、成功した人の話を生で聞くことが一番です。

参加料は25,000円(夕食付きです)

予定しているエクスマセミナー

  415日(月)東京 募集中です。 ここから詳細を見てください

【募集開始】4月15日(月)エクスマセミナー in 東京|関係性の時代に業績を上げる方法セミナー

塾生さんだけ参加できる「エレメントE」

エクスマ塾生さんだけが参加できる、参加者20人前後の少人数でやる特別なセミナーです。

20名まで。
参加料は10,000

44日(木)東京「教養とは自由になるための技」募集中

【塾生限定セミナー】エレメントE募集|教養とはリベラルアーツ、自由になるための技

あなたに会えることを楽しみにしています。

特定商取引法に基づく表記とキャンセルポリシー 

プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする