創造力は限られた条件下で発揮される|全ての人がクリエイターになっている

<音声でも聞けます 約 6分>

演劇の可能性を感じた「オンラインノミ」

新型コロナの影響で、音楽や演劇などの生のLiveはことごとく中止になっています。
もちろん、ボクの仕事でも、セミナー、エクスマ塾、講演、全て中止です。
Zoomを使ってセミナーをやっている、エクスマのお弟子さんたちもいます。
ボクもオンラインの様々なコンテンツや商品を考えています。

先日、ある劇団の公演を見ました。
Zoom劇場「オンラインノミ」
もちろんリアルのライブではなく、オンライン上の公演です。
急遽この名前にしたのだと思うんですけど。

4人の女優さんと1人の男優が演じる、Zoomの飲み会を、ボクたち観客が見ている。
設定は自宅に閉じ込められた大学生が、サークル仲間たちとオンライン飲み会をしているうちに、秘密が露呈して、ドロドロの恋愛劇になっていくというシナリオです。
他人のプライベートを覗き見しているような、実に奇妙な感覚。
今、出演者が演じているというリアルタイム感は、演劇と同じです。
いつも使っているPCで、慣れているおなじみのZoomの画面で見るわけですから、なんだか出演者たちが自分の知り合いのような錯覚も覚える。
演劇の可能性を感じた、面白い試みでした。

それが終わったばかりなのに、次作も公演しています。
すごいエネルギーだな。
若いっていいな・・・などとおじさんくさいことを言ってみる。


<興味のある方はここから見てね>
https://match-ing.jp/onlinenomi/

限られた条件下で発想した方が面白いものができる

面白いものや画期的なアイデアは、決められた条件があって発想した方が生まれやすいんです。
エクスマ塾などではよく言っているのですが
規制がある方が「創造力」が発揮できるっていうこと。

「自由に考えなさい」っていうと、面白いものが生まれない。

画期的なアイデアや素晴らしい発明というのは、限られた条件下で発想するから生まれてくる。
これは商品開発、新規事業、などのビジネスにも応用できるし、子供の教育にも応用できる。

今回のコロナ自粛での「条件」はかなりの制約があります。
大きな制約がある中で、どれだけのアイデアを出せるのか?

たとえばこの劇団の主宰者が与えられた条件は

「1週間、人にあわずに舞台はできるのか!?」

ということ。
その条件下で演劇を創り出したわけです。
1週間で人に会わず、本をつくり、キャストをあつめ、稽古をし生の舞台をつくることを決意、実行した。
それで演劇の可能性を広げた作品ができたわけです。
すごい創造性だと思う。

発想するときには、自分に条件を与えてみることが大事なのです。
その条件をクリアするために、あなたの眠っていた「創造力」が動き出すのですから。

今回のコロナウイルス禍で、みんな色々なアイデアを出して、新しいビジネスをやったり、家での過ごし方を工夫したりしている。
全ての人の「創造力」が開花している時代と言ってもいいかもしれない。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました