いつ、今の仕事がなくなるかわからない激動の時代、2つ以上の仕事をもつこと

iPhone6とアップルウォッチが発表になった

昨日、アメリカのアップルがiPhone6とアップルウォッチの発売を発表しましたね。
あのプレゼンを見ていて、久しぶりに、モノが欲しくなりました。
それと同時に、すごい世の中になったなって、思った。

iPhone6の発売を告知している カメラのキタムラ店舗ブログ

iPhone6の発売を告知している
カメラのキタムラ店舗ブログ

今の時代は本当に先が見えないような状況です。
5年後なんてもちろん、1年後だって予想が難しくなっています。
たとえば、今から5年前に、スマホがこれだけ普及するなんて、予想できた人なんていないと思う。
それくらい世の中が、速いスピードで変わっているわけです。

あなたの仕事もそうです。
確実に安定した仕事なんてない。
安定しているように見える公務員だって、大幅削減になって、給料が半分になるかもしれません。
それだったらまだいいですけど、公務員の半分を削減するなんてことになるかもしれない時代です。
そんなこと、ありえない、なんて誰が言える?
公務員だってそうなんだから、民間企業なんて、不安定きわまりありません。
一見安定している大企業だといえども、いつ何がおきるかわからない時代です。

ITテクノロジーやロボットの進化は仕事を変える

ITテクノロジーの進化は、すさまじいスピードで加速度を増しています。
ボクらの掌に入る、スマホだって、すごい進化でいろいろなことができるようになっています。
さまざまなことが1台でできる。

コンパクトデジカメ
ボイスレコーダー
携帯音楽プレイヤー
カーナビ
スピード違反オービス感知器
天候の詳細なレーダー
分度器や水準器、懐中電灯、電卓・・・

従来製品が売れなくなりますよね。
そうすると、従来製品を作っていた会社や関係者が収入が減る。

さらに3Dプリンターや性能のいいロボットなど新しい製品の登場で、いろいろな職業がそれにとって代わられる。
スーパーのレジ係り、電話営業、工場の単純労働、歯科技工士、スタジオミュージシャン、カメラマン、デザイナー、知識を教えるだけの教師・・・などなど。
もしかすると、いずれ、自分に一番似合う髪型にカットしてくれて、染めてくれる、そういう「全自動美容サロン」なんかができるかもしれない。
誰よりも技術があって、お客さま一人ひとりに適合した髪型を完成させてくれて、早く安くできたら、今の美容院の半分くらいは消滅するかもしれません。
ある日突然、誰かがそういう美容ロボットを開発して、廉価で流通させたら、美容師の仕事は、ある日突然、なくなる。
そいう日が来ないとは、誰も言えないような状況なのです。

2つ以上の仕事をする

そんな不安定な時代だということを認識することです。

最近、さまざまな人が言っていることですが、どんな人も複数の職業を持ったほうがいいということ。
この考え方は、とっても面白いと思う。
たとえば、会社に正社員で働いていて、その会社がどうにかなったときに、もうひとつ収入源がある。
セーフティーネットがあるってこと。

今やっている職業の他に、もう一ツ仕事を意図的にもってみるということ。
そして、その別の仕事は必ず、好きなことを仕事にすること。
そう考えてみましょう。
最初は、趣味の延長線上でかまいません。
好きなコトを仕事にできないかを考えてみることです。

サッカーが好きだったら、サッカーのコト。
歴史が好きだったら、歴史のコト。
人前で話すのが好きだったら、そういうコト。

なんだか、iPhone6の話しから、知らず知らずこういう展開になってきた。
あのプレゼンを見ていて思ったことは、概ねそんなことだった。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする