憧れの鈴鹿サーキットでエクスマセミナー すぐにやる!ダメだったら変えればいいんだから。

チームの力が必要になる

今、鈴鹿サーキットです。(ワクワクドキドキ)
今日は毎年F1グランプリで来ている、あの憧れの鈴鹿サーキットでエクスマセミナーです。
100名以上の参加者です。
ありがとうございます。
情熱をもって実現してくれた、三重県松坂の「らーめんばんび」の江村さん。
たくさん協力してくれた三重県を中心にした塾生さんたち。
本当にありがとうございます。
まるでF1のチームのようでした。

世界最高峰のF1のレースを見るたびに、プロっていうのはすごいなぁ、と感心してしまいます。
さまざまなプロフェッショナルが、最高の戦略にそって、自分の仕事を正確に速く行っています。
F1で勝利するには、優れたドライバーと速いマシンだけでは充分じゃない。
チームの力が必要になる。

勝利するためにはドライバーとマシンだけじゃなくチーム力

勝利するためにはドライバーとマシンだけじゃなくチーム力

以前、TVで実況していた解説者が「フェラーリチームは3時35分くらいから雨が降ると予想しているみたいですね」などと言っていました。
正直言って、そこまで細かい天気予報をしているとは知らなかったので、驚いた。
確かにF1のレースでは天候が結果を左右します。
路面の温度や湿度でタイヤのコントロールや、マシンの調整をしなければならないからです。
そのために専門の優秀な気象予報士をピットに入れ、局地的な天候を予想させているわけです。
他にもたくさんのプロが関わっている。

レース途中のピット作業。
レースの途中で、タイヤ交換したり、ノーズの角度を変えたりします。
あのピット作業、約20人くらいの人がいっせいに行い、なるべく早く自分のチームのマシンをコースに戻すよう、必死に作業しますよね。
1000分の1秒を競っているのですから、当然です。
1秒以下の差が競争の勝敗を決めることもある。
強いチームは、神業のように早く正確にタイヤ交換をします。
見ていてドキドキするくらい。
ピットの時間というのは、必要な時間ですが、ロスする時間でもある。
だから、なるべく早く終わらせるわけです。

ともかくやってみる、ダメでもデータが資産になる

以前、F1のピット作業を見ている時に思ったことあります。

「ビジネスでの判断や会議は、F1グランプリでのピット作業と同じじゃないか」そういうこと。

あなたの会社が判断を遅らせている間や、会議をダラダラやっている間に、他の会社は猛スピードで走り続けているのです。
あなたやあなたの会社が好むと好まざると拘わらず、現代のビジネスはスピードが重要になっています。
これは、明らかな事実。
そしてビジネスの世界はあなたに「もっと速く! さらに速く!」と要求してくるでしょう。
それについていけない企業や個人は、結局今までのやりかたで儲からない仕事をして、新しい世界を見ることはできない。
スピードが大事です。

フェラーリのアロンソ 2014年鈴鹿での勇姿

フェラーリのアロンソ
2014年鈴鹿での勇姿

でも安心してください。
せわしなく動けってことではない。
スピードというのは判断を早くするということです。

Yes or No、右か左か、AかBか。
保留なんてしていてはいけません。
保留したことは、腐ってしまうことを意味する。

あなたが会社や自分のために、やったほうが良いと思うことは、すぐにやったほうがいい。

F1レースも、コースを読み、天候を読み、路面の状態やタイヤの状態を読み、ライバルの位置を読んで、作戦を立てますが、うまくいかないこともあります。
タイヤの読みが難しくなっているレース。
天候の予想が外れたり、空気抵抗の予想が難しいコース、などなど、その日その時にならないとわからないこともたくさんあるのです。
作戦がうまく機能しないことも多い。
でも、そういう作戦での結果ですから、後悔することはないのです。
それがデータとなって、チームのノウハウになっていくわけです。

ビジネスのさまざまな局面で、一瞬の判断をしなければならないことがあります。
そのときには、判断できる自分の「ものさし」をもっておくことが大事になります。
ロジックで判断するのか?
直感を信じるのか?
それでうまくいかなかったら、しょうがない。
貴重なデーターになります。
そう思えるためには、判断の基準になる「ものさし」を明確にすることです。

判断が少し遅くなったことで、致命的な結果になることがあるのです。
「すぐにやる! ダメだったら変えればいい」のですから。

きょうも素晴らしいセミナーの場を提供します。
圧倒的な場を!

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする