年頭に当り、もう一度基本的なことを考えてみた

今年はあなたとあなたのビジネスが輝く年にしよう

明けましておめでとうございます。
今年もあなたのビジネスが圧倒的に輝いて、あなたとあなたの大切な人たちがしあわせになることを祈念しています。
ボクの発信が、そういう気づきや希望になれば、とってもうれしいです。
2015年最初のブログです。

今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いします

社会環境は、大きく変わリ続けています。
今年もその流れは止まらないと思う。
社会もビジネスも、在り方や存在意義が変わりつつあるのです。

だから、その環境に対応できなければ、いろいろな所で問題も起きやすくなります。
でも、政治も経済も、しかるべきところに自然と行きつくのです。
それが世の中の流れです。
だから、あわてず、焦らず、右往左往せず、自分のできることをしっかりとこなせばいい。

世の中には、自分がうまくいかない原因を、「政治がもっとしっかりしていれば・・・」「学校の先生が・・・」「経営者が理解がない・・・」などと、求めているばかりで、やるべきことをやらない人がいます。
それでは社会が明るくするどころか、自分が暗くしていることに気づかないまま生きていってしまいます。
そんな人は誰にも共感されず、当然、好かれることはありません。
ビジネスでも同じです。
自分の商品ばかり売り込む、自社の視点、製品やサービスの視点の発信ばかりしている会社があります。
そういう会社は人々から敬遠されてしまいます。

我欲を出すと上手くいくことも上手くいなかくなる。
自分の利益、会社の利益ばかり優先する考え方ではなく、何のためにビジネスをやっているのか。
その本質を考えること、本質を見詰めて自分のビジネスを見直してみること。

もっと「社会化」していくことが大事です。

あなたの会社が社会的課題をどう解決してくれるのか?
社会的目標をどう達成してくれるのか?
企業が主語の発信より、ユーザーや社会が主語の発信になっていなければ、共感を得られにくい時代になったのです。

お客さまはあなたの商品は欲しくはない。
○○したいのだ。
それによって□□な生活を手に入れたいと思っている。

エクスマの方程式を思い出してください。
あなたの会社が社会を明るくすること、笑顔やしあわせをたくさん作り出すこと。
それが存在意義になるのです。

商品やサービスでは、もはや共感を得ることができない。

以前はビジネスや会社は利益をだすことが一番の目的でした。
そのためにマーケティングをしたり営業をしていたわけです。

利益第一主義。
売上至上主義。
ノルマ必達。
競合他社は徹底的に叩く。

現代社会ではそういう会社は、徐々に展開が難しくなっていくと思う。
だいたい、そういう会社は楽しくないし、ソーシャルメディアの普及で、会社の裏側まで見えるようになっている。
会社がどういう哲学や理念で経営されているのかが、わかるようになったのです。
自分の利益、会社の利益ばかり優先する考え方も、伝わってしまうってこと。

どんどん商売の環境は変わっています。
インターネットが日常化して、たいていのモノは買えるようになっている。
スマートフォンの普及も加速度をつけている。
FacebookやTwitterなどのSNS内で、生活者同士が情報を交換している。
少子高齢化がすすみ、わが国の人口は確実に減っている。
お客さまも変わっていきます。
好みも多様化して、欲求も多岐にわたっている。

そもそも、商品やサービスは、売れなくなっていくのです。
物質的な豊かさを実現した消費者は、もうモノでは豊かさを感じられなくなっているのですから。

人々は精神的な豊かさ、言い替えると心の豊かさを求めているのです。
だから「モノ」ではなく「体験」を売るという考え方。
エクスぺリエンス・マーケティング(エクスマ)が有効だということ。

エクスマの考え方で価値を伝えると「共感」を生み出すことができるようになるのです。

基本に返って考え、基本に返って行動すること。

よくボクは「真理」に沿った考え方が大事だということを発信しています。
人生もビジネスも真理の沿っていたら、安泰です。
真理とは世の中の原理原則。
こうすればこうなるという決まっているもの。

さまざまなことが起きるのは当たり前です。
それがビジネスです。
特に状況や環境が激変する世の中、真理に沿って行動すると

これは今やめておこう。
これは時期を待とう。
今スタートしよう。
辛いけどがんばるときだ。

などなど、その時々で判断できるようになります。
そすると、心明るく、強く、問題を乗り越えていくことができるのです。

2015年の年頭に当たって、基本的なコトを考えてみました。
今年もあなたが輝くことを祈っています。
今年もボクの発信を応援してくれたら、とってもうれしいです。
よろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする