成人の日 好きだということが一番の才能

若い人は「希望」です

成人の日です。
新成人の方、おめでとうございます。

これからの世界を創っていく若い人たちは世界の希望です。
あなたが「希望の光」になるのです。

若い世代は希望の光

若い世代は希望の光

だから「好きなこと」をしてください。

若い人にとっては、こんなにいい時代はないと思うから。
こんなにエキサイティングな時代はないと思う。
ボクたちが成人になった、30年くらい前には、考えられないくらい、チャンスが転がっている時代です。

たった一人の個人が、大企業と平等にわたりあえる時代です。
昔は映像を世界に生中継するのは、大きなTV局とか大企業しかできませんでした。
それが今は、いち個人がカンタンに無料でできる時代です。
以前は100万人規模の人に、情報を届けることは、マスコミしかできませんでした。
でも今は、ツイッターやFacebookなどを使うと、誰でもできる可能性がある。

そして、上の世代に閉塞感が漂っているから、若い世代に出番がある。

過去の成功体験が生きる時代には、若い世代に発言権はありませんでした。
でも、今はそうじゃない。
上の世代はどうしていいかが分からなくなっている。

既得権や既成概念に、がんじがらめに縛られている上の世代は、どうしていいかがわからなくなってきている。
激変している世の中に対応するためにイノベーションすることが必要だと思っていても、どう思考して行動すればいいのか、手さぐりのような状況です。
新しい技術や新しい仕組みが次々と登場してきても、どう使ったらいいかわからない。
若い世代には、大きなチャンスです。
だから、好きなことができるのです。

好きなことは継続できる

好きなことっていっても、まだ見つからない人もいるかもしれない。
本当に今思っていることが好きなことかどうか、わからない人がいるかもしれない。

もしあなたが自分の好きなことがわからなかったら、縁があって関わる仕事を、必死で好きになる工夫をすることです。
そのためには、まずそのコトに誠意をもって取り組むこと。
そうすると、今よりも少し上手くできるようになる。
上手くできるようになると、もっと上手くできる工夫をするようになります。
そうすると、今苦手だと思っている仕事でも、どんどん得意な仕事になっていきます。

何でもそうだけれど、仕事を楽しんでいなかったら、あるいは好きじゃなかったら、大きな成功は手に入りません。
成功している人というのは、好きだから成功しているのです。
どうしてかというと継続しているから。

成功は、継続することで実現する。
続けることが大事なんです。
そして、つづけるためには、楽しいとか好きということがなければ、なかなか続かないということです。

スティーブ・ジョブズ氏がスタンフォード大学の卒業式の伝説と言われている演説で言った言葉。

「好きなことをしなさい。自分の好きなことを見つけることが人生で成功する秘訣だ」
どんなことがあっても、時間をかけてもいいから好きなことを見つけなさい。
最初はレストランの掃除をする仕事をやりながらでもいいから、ともかく自分の好きなことを見つけなさい。
何故かというと、挫折したり失敗したりしても、好きなことなら情熱を傾けることができるし、もう一度立ち上がることができるから。
だから好きなことを見つけることが重要だ、ということ。

確かにそうだと思いますよね。
仕事をやっていると、ちょっとつらいことがあったり、失敗したり挫折したりすることがある。
それでも、好きなことだったら情熱を傾けることができる。
それがすごく大事だと思う。

好きなことを見つけましょう。
仕事に楽しさの概念を取り入れましょう。

好きだということが一番の才能なんです。

成人、おめでとう。
あなたがどういう世界を作りだすのか、楽しみにしています。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする