コンサルタントで成功するための3つのポイント

コンサルタントは誰でもなれる

もう4月も中盤に近づいているのに、冬のように寒い日が続いていました。
やっと春らしくなってきました。
マンションの中庭のシャガの花もきれいです。

シャガの花001

質問されたことがあります。
「コンサルタントになるには、どうすればいいのですか?」

コンサルタントになるのは、カンタンです。
あなたも今すぐに、なることができます。
今から、自分はコンサルタントだ、と宣言したらいいのです。
コンサルタントに資格はいりません。
名刺を作って、肩書きに「〇〇コンサルタント」って書けばいいのです。
資格がないから、誰でもなれる。
そのかわり、競争も多くて実力だけが頼りの世界です。
コンサルタントで成功するためのキーワードは以下の3つです。

1:経験に基づくノウハウ
2:ブランド力
3:人柄

1:経験に基づくノウハウ

ノウハウっていうのは、その分野のスキルや知識、人脈など、いわゆるあなたのコンテンツ。
実務として経験していなければ、説得力がありません。
ボクのような、企業の売上を上げるコンサルタントなら、実際に企業や店の売上を上げた実務経験があること。

そのために、実際に実績を作ること。
まだ実績がないのなら、無料でコンサルしてでも、成果をあげること。
なにがなんでも、実績を作ることです。

2:ブランド力

そして次は、あなたの「ブランド力」。
スキルやノウハウだけでなく、あなたらしさをいかに出すか。
そういうことです。

だって、スキルやノウハウはある意味、独自化ができない。
ブログやTwitter、Facebook、メルマガ、ウェブサイト。
出版、講演、セミナー。
などで、あなたらしさを発信することです。
同じノウハウを伝えるにも、あなたらしさで伝える。

ボクのお弟子さんのコンサルタントは、みんな個性的なブランドを作っています。
サッカーチームやサッカーのサポーターを題材に、マーケティングやマネージメントを解説しているコンサルタント。
大河ドラマや日本史を使って、企業のコンサルをしている税理士。
自分の会社の成功事例を使って、お客さまの店の繁盛をお手伝いしているメーカーの社長。

などなど、その人らしさでノウハウを伝えています。
まさに「ブランド」になっている。

3:人柄

そして一番大切なのが「人柄」です。
誠実で優しい人柄。
偉そうにならず、しっかりと信頼される人柄が大事。

どんなに能力が高くても、人柄がよくなかったらすべてが台無しです。
特にこれだけSNSが発達している時代です。
もし企業があなたにコンサルを依頼しようかなって思った時には、必ずあなたのブログやSNSを調べます。
そんな時に、いつも人の悪口を言っていたり、他人を批判して自分の正当性を誇示したり、お金や出世を目的にしていたり。
そんな人には依頼したくないですよね。

どんなに隠そうと思っていても、人柄が伝わってしまうのもSNSの特徴。
日頃から、良い人になりましょう。

ソーシャルメディアを駆使して発信しよう

コンサルタントになるのはカンタンです。
誰でもなれます。
でも成功するのには、以上の3つのポイントを意図しながら、ソーシャルメディアを駆使して発信すること。
ブログ、Facebook、Twitter、Instagram、YouTube・・・
今は誰でも平等にこういうメディアが使えるのです。

先輩のコンサルタント、特に年配の人たちはソーシャルメディアが苦手な人が多いからチャンスです(笑)。
そんなに効果的に使っている人は多くない。

そんなことをなんとなく考えた、春らしくなってきたある日曜日です。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする