ハイコンテクストな消費になっていくと思う

ハイコンテクストな消費をする人たちとつながることが大事

昨日まで、滋賀県のおごと温泉で「エクスマ的ソーシャルメディア活用セミナー初級編」をやっていました。
28名の参加者の方々が、すごい場を作ってくれました。
ありがとうございます。

本当にこれからの時代は、ソーシャルメディア活用がどんな業態にも必要なんだと、また実感したセミナーでした。

滋賀での合宿の様子 みんな楽しんでいただけました

滋賀での合宿の様子
みんな楽しんでいました

どうしてかというと、日本人の消費が変わってきているからです。
アクセス可能情報が膨大に増え、どれを選んでいいのかわからなくなってきた。
さらに、スマホの普及で、人々は親しい友人とLINEやFacebookでつながって、情報交換をするようになった。

当然、マーケティングのやり方も変えていかなければなりません。
ますます「関係性」が重要な要素になっていきます。
そんな時、関係性を築きやすいソーシャルメディアは、企業にとって、ものすごく重要なマーケティングのツールになっていくのです。
ブログをで専門情報を発信すること。
Twitterで、有益な情報をつぶやくこと。
Facebookでお客さまとコミュニケーションすること。
それは、もはや空いている時間にすることではなく、業務だと思ったほうがいいわけです。

カンタンに情報発信のツールをもった、消費者が若者が、これからの時代世の中の中心になるのです。
だから、ますます「体験」を売る視点が大事になってきたってことです。
これからますます成熟した、ハイコンテクスト(複雑な文脈)の消費になっていくのですから。

もう「モノ」必要ない

たとえば、今回参加した方の業態で、靴の修理専門店を十数店舗展開されている会社の人がいました。
この靴修理の店が、とっても流行っている。
買い替えたほうが安いし、新しい靴をはけるのにもかかわらず、愛用の靴を修理して長く使う。
そういう人が増えているそうです。

これって、けっこうハイコンテクストな消費です。
いろいろな思考や思想が、そのお客さまから感じ取れますよね。
モノを消費しているわけではない。

現代社会、ほとんどの生活者は、モノはたくさん持っています。
エアコンだってTVだって、車だって、もう必要な人には、だいたいいきわたっています。
だから、モノをモノとして売っていては売れない。
もう10年以上前から言われていることです。

だから、モノではなく体験を売る、エクスぺリエンス・マーケティングが有効なのです。

「共感」する情報でつながること

いきなり買ってもらうことを考えるより、これからあなたの見込み客になりそうな人々と、関係性を作り出してから買ってもらったほうが、よく売れるのです。
関係性というのは「つながり」です。
そのためにあなたのことを好きになってもらうことが肝要です。
そして好きになってもらうためのキーワードが「共感」なんです。

あなたが、見込み客になる人々に、有益な情報や役立つ情報を発信し、交流することで、そこに「共感」が生まれやすくなります。
そして、共感が生まれることで関係性が深くなっていくのです。
ソーシャルメディアが普及した現代社会、この「共感」がとっても大切になってきます。

ソーシャルネットワークっていうのは、「社会のつながり」ってことです。
何も新しいことではなく、太古の昔から、ボクたち人間が当たり前作ってきたものです。
家族や友人、知人との「つながり」です。

それがソーシャルメディア、FacebookやTwitter、LINEなどが普及するとともに、よりつながりやすくなった。
そしてそのつながりが、他の人から見えやすくなったってことなんです。
インターネットの世界は、ソーシャルメディアが登場したことによって、人が中心の実社会に近づきつつあるってことなんです。

ソーシャルメディアの普及は、予想をはるかに上回るスピードで、消費に影響を与えています。
ホントにどんな企業も、どんな業態も、ソーシャルメディアの活用は待ったなしの、状態になっているのです。

2日間の合宿セミナーをやっていて、思ったのは、概ねそんなことです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする