マーケティングの本質が変わった、だからビジネスも変わる

カーナビに出ない道がある

2015年の3月に、首都高速中央環状線(C-2)の大橋と大井南の間が開通しました。
この高速が開通したことで、ボクの自宅から羽田空港までが短縮されたのです。
今までの半分くらいの時間になった。
夜なんかだと、羽田空港から自宅まで30分かからないこともある。
便利です。
けっこう使う高速道路です。

でも、その道がクルマのナビでは出てこないのです。
ボクのクルマは2015年1月に登録したBMWの3シリーズのツーリングワゴンです。
当時、最新式のナビゲーションシステムが装備されていました。
でもね、最新式のナビが、すぐに・・・、わずか2ヶ月で使い物にならなくなったってことなんです。
人の家の上をガシガシ通っていく。

最新式のカーナビだけどねぇ

最新式のカーナビだけどねぇ

専用機はますます売れなくなる

スマホの性能が良くなり容量も増えたことで、現在、専用機といわれている商品が売れなくなっています。
たとえばi-Podに代表されるデジタルミユージックプレイヤーや、コンパクトデジタルカメラなどです。
最盛期の5分の1くらいになっている。
そんな中でもカーナビはコンスタントに売れているそうです。
それは新車にだいたい標準装備されているから。
でも、このままだと、いずれ消え去る商品だろうなって思うわけです。

中国に行った時に、3人のクルマに乗ったのですけど、みんなカーナビは付いていませんでした。
みんなスマホを使っていた。
そのほうが最新にアップロードされているし、無料だから。

新しいマーケティングの概念を持とう

以前のマーケティングのシナリオは以下の3つのどれかを選ぶことというのが、定説でした。

1:高性能の質の高いものを提供する
2:どこよりも安くする
3:狭いターゲットと専門性

そして、この3つを同時にすることは不可能だと言われていたわけです。
MBAの授業でもやっています。

でも、スマホのアプリはこの3つを同時に実現しているってことです。
ヤフーナビもグーグルナビも最新のコンテンツにアップロードされています。
おまけにアプリは無料です。
そして、使っている人にカスタマイズされていく。

性能がいい
無料
ユーザーにカスタマイズ

もう、昔の考え方のマーケティングが通用しなくなっているってことです。

世の中、激しい勢いで変わっているのです。
スマホの普及、ICT(インフォメーション・コミュニケーション・テクノロジー)の進化、SNSのインフラ化、IoT(モノインターネット)。
昔の考え方のままビジネスをしていると、ある日突然、業界がなくなっているってこともあるかもしれません。

世の中は「つながりの経済」になってきているのです。
つながりの経済に合ったビジネスをすることだな。
そう思うのです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする