真理というのはシンプルでエレガント

たまには星空を眺めてみる

宇宙というのはどういうふうに創られたのだろう。
深夜に美しい星空を眺め、広大な宇宙に思いを馳せると、なんだか自分の日常が急に小さなことに思える。
そういう体験をしたことありますよね。

人間の一生なんてせいぜい長くても100年くらい。
宇宙の歴史に比べたら、まばたきするような時間です。
想像力という翼で、悠久の時を超えてきらめく星座を眺めてみよう。

星空001

理論物理学者は、想像力と数式を使って、宇宙の成り立ちを解明しようとしています。
それが解明できたら、宇宙の創造主の意図がわかるかもしれない。
それを求めているわけです。

ある意味それは、「真理」を探究する行為なのかもしれません。

宇宙の真理

ここ数年、社会が激変しました。
今まで当たり前に有効だったコトが、効果がなくなったり、今までお金がかかり過ぎて、実現不可能だったことが、カンタンに低コストでできるようになったり。
まさに時代の変わり目、節目にあったわけです。
何度も言っていることですが、もう一度確認しておきましょう。
ハゲシク移り変わる時代には、真理に沿った考え方が大切になるっていうこと。

「真理」というのは、カンタンに言えば、基本に返るということ。
自然の摂理、宇宙のルールに照らし合わせ、シンプルに考えることが大事ということです。

ビジネスを展開する時も同じです。
ビジネスの真理とはなんだろうって、考えることです。
あなたのビジネスの真理です。
それはどんな業態でも、お客さまや社会に、しあわせを生み出すということです。

世間ではさまざまな問題が起きています。
「国同士の争い」
「少子高齢化」
「先が見えない不明瞭な社会」
などなど、なんとなく不安に思っている人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、誰にも解決策は見えていないのが現状です。
明確なのは、今までのやり方、生き方はほとんど通用しなくなったってことです。
過去の成功体験、過去のデータに頼っていると、なかなかうまくいかない時代だということ。

今までは、利益さえ出ればそれが会社の正義だというような考え方ばかりだったのが、「ちょっと違うんじゃないの?」というふうに世の中が変わってきています。
このことを認識しないと、これから何をやっても逆効果になっていくことが増えてきます。
あなたのビジネスが、世に役立つ存在になること。
自分の利益だけを考えている、そんなセコイ会社は存在しなくてもいいという流れになっている。
自分のしあわせばかり考えるのではなく、みんなのしあわせを考えるってことです。
競い合う時代から、補い合う時代になったってこと。
自分だけが儲けるのではなく、全体の利益を考えることが大事です。

真理を元に生きる。
真理を元にビジネスをする。
それがとっても大切な時代になったんです。
ビジネスの基本に返って考えて行動する。
そうすると、あなたが向かうべき「新たな時代の姿」が見えてくるのです。

真理というのは、エレガントでシンプルなものなのです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする