現代のマーケティング 感情的につながることが大事な時代

情報と情緒のバランスが大事

今までのマーケティングは「理論的」なことが、とっても重要でした。
現代のマーケティングでも、もちろん重要ではあります。
でも、今はそれだけでなく、「感情的」なことが大切になってきている。

どうしてかというと独自化することが求められているからです。
現在のビジネスにおいて、「独自化」っていうのはとても重要な概念です。

独自の価値
独自の発信
独自の関係

だって・・・・

お客さまは似たような商品があるなかで
どれを買ってもいいし
どれも買わないという選択肢がありながら
どうしてあなたの商品を買わなければならないのか?

この答えが『独自化』なんです。
これからは差別化ではなく独自化なんです。
そして独自化するためのひとつの要素、それが「関係性」です。

現代は商品の差異があまりなくなった時代です。
お客さまは、同じようなものを買うんだったら、関係性の深いほうで買うんです。

あなただってそうですよね。
同じようなものを買うんだったら、感じの悪い店員のいる店より感じのいい定員の店で買うでしょ。
当然のことです。

これも関係性です。

関係性っていうのは個人の発信力によることが多いんです。
顔の見えない会社という法人とは関係性を築きにくいけど、顔が見える個人とは、関係性がつくりやすい、ですよね。

個人なんです。

お客さまとの関係性を深くするために、あなた自身の発信力を高めましょう。
感性に訴えかける体験が重要になってくるのです。
お客さまと「感情的につながる」ってことです。

情報と情緒のバランスが大事になってくるわけです。

情緒的なことがとても重要になってくる。
情緒的なことっていうのは、カンタンに言うと「文化的」なこと。

美術や音楽、映画や演劇、伝統文化などなど・・・に触れる。
たとえば読書もそう。

娯楽のための読書も大切

娯楽のための読書も大切

大人になると、楽しみのための読書をしなくなる傾向がある。
ビジネス書を読むことはとても大切なことです。
でも、一見ビジネスとは関係ないような本も、もっと読むべきです。
小説でもコミックでも、ドキュメンタリーでも、自然科学書でも、なんでも、一見ビジネスとは関係ないような本を読む。
そうすると、あなたの発信に深みが出てきます。
そこにあなたの独自性が生まれてくる。
独自の価値になっていきます。

ビジネス書と楽しむための本を同時に読みましょう。
昼間はビジネス書。
寝る前に、ベッドの中では小説やコミック。
そういうふうに区切ると、読めるようになります。

楽しみの読書をすることも心がけてみる。
興味のある分野を楽しく勉強してみる。
好きなことをしてみる。

お客さまと感情的につながるために。

そういうことって、大切だと思うのです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする