日常的に使う言葉が大事

世の中には、わざわざ人を傷つける言葉を使う人がいます。
そういうことで傷ついてる人もたくさんいるでしょう。
また自分も何気ない言葉で、相手を傷つけていることもある。
ボクもそういうことがある。
そのたびに配慮が足りていなかったと反省します。

紫陽花には紫陽花の咲く時期がある

紫陽花には紫陽花の咲く時期がある

若い頃、すごく尊敬していた年上の女性に、こんなこんなことを教えてもらいました。

人は言葉で思いを通わせます。
だから、日常的に使う言葉がとっても大切です。

悪い言葉
傷つける言葉
偉そうな言葉

では、心は通い合いません。
相手が良い気持ちになるわけがありません。
それを繰り返していたら、気づかぬうちに孤立した自分を発見します。
人から情けを受けられなくなります。

他者に好まれる人は、周りにあたたかい関心を向けているものです。
相手の話を興味ふかく聞くものです。
そこに、お互いの気持ちが満たされ、自尊心を傷つけ合うようなこともありません。
それを、家庭や職場など、いろいろな人間関係の中で実践できたなら、自然と運命に導かれた人生が歩めます。
運命とは世に役立つ力です。
それぞれの良い運命で、社会は回っていくのです。

今のボクはそれができているのだろうか。
いつもいつも、そんな振り返りをする毎日です。
でも、少しでもそう思って、傷つく言葉より元気になる言葉を使いたいものですよね。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする