感動とは、感じて実行すること

蝉の鳴き声に感じたこと

「感動した」とか「感動的」とか言います。
そういうことも感動ですが、本質的なことを考えてみると、感動とは、心で感じて実行する(動く)ことだと思うのです。
特に、自分に何ができるかを感じて、周りの人のために実行すること。
そういう生き方ができると、人生は豊かに実り多いものになっていく。

今は夏、蝉の鳴き声が聞こえてきます。
自宅の自分の部屋にいて、窓を閉めているのに、すごい聞こえてくる。
夏の風物詩です。
蝉の鳴き声を聞くと、なぜか心が揺さぶられる。
夏を惜しむように鳴く声に、自分の命もまた有限であることを感じるからだと思うんです。

人のために生き、悔いのない人生を歩もう。
そうすることが「生きがい」ある人生になる。
そう思うのです。

公園でも蝉の大合唱

公園でも蝉の大合唱

生きがいとはひとりでは味わえない

生きがいというのは、人と触れることで味わうことのできることだと思う。
人に認められたり、褒められたり、評価されたり、人が求めてくれたりするときに得られる感慨。
たとえば料理。
大切な人に食べてもらうために作り、「美味しい」「心がこもっている」「ありがとう」などと言われたときに味わう感慨。
材料にこだわってひとりで作り、ひとりで静かに食べても、料理を作ることは生きがいにはならない。

何かをするときには、誰かとよろこびを共有することが大事です。
「一緒に来てよかった」
「あなたがいてくれるから」
そう言われたときに得るもの、それが生きがいです。
「守らなければいけない人がたくさんいるから長生きしよう」
「求めてくれる人がたくさんいるから」
「まだ自分はがんばれる」
そう思うことも生きがいです。

常にひとりでは生きがいというのは味わえないのです。

そのために感じて動く。
そういう心づかいができるようにしたいですね。

自慢話ばかりしないこと。
批判話ばかりしないこと。
一回や二回はつきあってくれても、人は離れていってしまいます。
相手を認めるような会話をすることです。
「今日の服は夏らしくていいね」
「今日の料理美味しい」
「疲れているようだけど、がんばったんだね」
こういう言葉が感動した言葉だと思うのです。

自分に何ができるかを感じて、周りの人のために実行すること。
そのような心の動きができるようになりたいものです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする