いい仕事をしようと思うな!面白がろう。

好きを極めよう

ニュースキャスターの古館伊知郎さんが昔こういうことを言っていました。

好きを極めた人ってすごいんですよ。
何より楽しんで仕事してる。
いい仕事をしようなんて思っちゃダメなんですね。
逆に遊んでるから、すごい魅力なんです。

古館伊知郎 <キャスター、テレビ司会者>

古館伊知郎さんというのは、プロレスの中継が有名でしたが、90年代の初めころF1GPの中継もやっていました。
これはすごい中継でした。
アイルトン・セナが活躍している頃のことです。

どうしてああいう言葉だ次から次に出てくるのか。
天才的だなと思ってみていました。
またF1の中継してもらいたです。

セナがいたころ

セナがいたころ

遊んでいるから魅力的

さまざまな場面で言ったり、書いたりしていますが、楽しむことって大事。
これは間違いないです。

でも仕事を遊びのレベルまで高めるのは、実はとても難しいことなのです。

才能がいる。
訓練がいる。

確かに楽しむのが上手な人と、あまり上手じゃない人がいます。
無理に楽しもうとしなくてもいい。
好きなことをしているときには、自然と楽しくなるのです。

無理やり楽しんでも、意味がない。
遊ぶっていうのは、そういうことじゃない。

こころから楽しめることってなんだろうと考えてみることです。
もし今やっている仕事以外のことに、興味や魅力があるのなら、そっちのほうに進んでみる道を探してみるのも、いいかもしれない。

今の仕事が楽しめないのなら、仕事が終わってから、週末の休日、好きなことをしてみる。
楽しむという体験をたくさんしてみる。
自分が楽しめることをみつけ、それに徹底的にハマってみる。
だいたい自分の好きなことがわからないっていう人は、徹底的にやっていない場合が多い。
ハマるくらいやり倒す。

サッカーなどのスポーツ。
キャンプやトレッキングなどのアウトドア。
物理学や生物学や数学。
歴史や心理学。
料理や楽器。
TwitterやInstagram。

なんでもいいから、ともかくハマるくらいやってみましょう。
そうしたら、いろいろと発見があるはずです。

真剣に遊ぶこと。
夢中になって遊ぶこと。

そうしたら、知らず知らずのうちに、あなたの仕事も輝きだすのです。
勇気をもって遊びましょう。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする