プレゼンテーション力はマーケティング力|伝わらなかったら存在しない

価値が伝わらなければ、存在しない

多くの企業は商品を良くしたり、サービスの質をあげたりすることには、お金も時間もかけて考えるのに、伝えることはあまり考えていないと思う。
それで損をしている企業や、売れない商品がたくさんある。
半分しか伝えられなかったら、半分の価値しか届けられないってことです。

「プレゼンテーションの力」

ビジネスでは、この能力が必須条件になってくると思っています。

プレゼンテーション力はマーケティング力なんです。
プレゼンテーション力がない企業や個人は、マーケティング力がない。
マーケティング力がないということは、売れないってこと。

だからあなたがビジネスで成功したいのなら
あなたの扱っている商品を売りたいのなら

伝えなければなりません。

お客さまが集まっているところで、見事なプレゼンテーションができたら。
素晴らしいことですよね。
ビジネスマンだったら、誰もがプレゼンテーション能力を身につけたい。
そう思っているはずです。

エヴァンジェリストコースは話して伝える特訓

エクスマ塾のエヴァンジェリストコースの合宿、第3講が、無事終わりました。

エヴァンジェリストというのは「伝える人」という意味です。
このコースは「話す」ことで価値を伝える人を養成するコース。

エクスマエヴァコースのみんな

今回の合宿では、自分の好きな映画をプレゼンして、聞いている人たちに「その映画観たいな」と思ってもらうというや、自分の好きなことを5分間くらいでプレゼンして、そのことに興味がない人に興味を持ってもらえるようにするエクササイズをやったりしました。
「ジン」「ホラー映画」「ラジオ」「幕末の歴史」「肉」などなど・・・。
自分の公園のスライドのシナリオをグループでプレゼンし、フィードバックややアドバイスをもらうワークもやります。
そして次回まで講演内容をブラッシュアップしてくるわけです。

短パン社長と映画のトーク

朗読の練習もします。
毎日のように好きな文章を音読すると、話し方が上手くなります。
例えば毎日、新聞の一面のコラム「天声人語」「編集手帳」「春秋」とか、糸井重里さんの「ほぼ日」のコラムを音読する。
いい文章を読むと、ブログの文章の訓練にもなるから、一石二鳥なのです。
話すのが苦手と思っている人でも、やり続けているうちに、上手くなっていく。
もしあなたが1年間この朗読を続けたとしたら、必ず話し方にちがいが出てきます。

自分がエクスマに出会って、どう変わり、どんなことをやってきて、どう成果が出たかをプレゼンするのですが、半年間やっていると伝わり方が変わってきます。
エクスマのことをコマーシャルしろ、と言っている訳ではなく、メンバーが共有している「エクスマ」をテーマにすることで、その成長度合いがわかるし、共通のテーマの方がフィードバックしやすくなる。
そして最後の発表の場がエクスマセミナーだということ。

エクスマをテーマにシナリオを考えていくのですが、結果的にその人の伝わる力が養成されていくのです。
半年かけて「準備」をするのですから、その人の話し方だって、伝わり方だって、上達するのは当たり前です。

昔「プレゼン」の本を出したことがあります。
その中でこんなことを書いています。

プレゼンテーションの恐怖はスカイダイビング以上?

公式に人前で話すことは、恐怖を伴います。

年間100回以上の講演をしているような人。
毎週何度もプレゼンテーションしている人。
毎日話すことを仕事をしている、俳優やアナウンサー。
そういう人ではない一般的な人にとって、その恐怖は、

スカイダイビングの恐怖以上

と言われています。

それは公式な場だからです。
プレゼンテーションなどの場合には、その話によってビジネスに大きな影響が出てきます。
仕事の契約を獲得できたり、企画が採用されなかったり、会社の将来を決定するようなこともあるかもしれません。
社内プレゼンテーションの場合には、評価や印象が決まったり、今後のビジネスマンとしての仕事が決まる。
ということは、会社員の場合、人生が決まると言っても過言ではないわけです。

だから、多くの人にとって、プレゼンテーションは恐怖なんです。
緊張するのは、当たり前ってことです。
ほとんどの人は、プレゼンテーションが苦手だということ。

あなたはどういう人でしょう?
会社に入社して3年目くらい、そろそろ自分の責任で仕事を任されているビジネスマンかもしれません。
あるいは何十人もの部下をもっている、リーダーかもしれない。
あるいは、中小企業の経営者。
フリーランスでコンサルタントをしている人。
さまざまな仕事をしている人ですよね。

そして、あなたがこの本を手に取っているということは、プレゼンテーションが上手くなりたいと思っているから。
でしょ?

大丈夫です。
あなただけじゃないんです。
ほとんどの人がプレゼンテーションは上手にできていないのですから。
なんてったって、スカイダイビングを上回る恐怖ですからね。

じゃあ、上手にプレゼンテーションするためには、何が必要かというと、「準備」なんです。

「上手くいくプレゼンのコツは?」

もしそう聞かれたら、迷わず「準備」と答えます。
上手くいかないプレゼンテーションのほとんどの原因は「準備不足」と言っても過言ではありません。
もしあなたが、スカイダイビングをするとします。
準備しますよね。
訓練しますよね。
インストラクターについて、練習するはずです。
そうじゃなければ、とっても危険です。
へたすると、命を落としかねない。

準備不足のままプレゼンテーションすることは、まったく練習もなにもしないで、スカイダイビングをするようなものです。
でも、多くの人が準備をちゃんとしないでプレゼンテーションしている。
だからプレゼンテーションが苦手だと感じているんです。

準備しましょう。
あなたのプレゼンテーションには準備が足りないのです。
そして、準備する方法を覚えたら、どんな人でもプレゼンテーションが得意になります。
そして他よりも「圧倒的」になれるのです。
なぜかというと、ほとんどの場合、プレゼンテーションの準備をしないからです。

これからのエクスマの予定

東京:11月19日(月曜日)東京エクスマセミナー 

今年最後のエクスマセミナーになります。
詳細はこのブログから
「自分の思い込みではなく、今一度、時代をしっかりと見つめよう」

ぜひ、エクスマセミナーに来てください。

2019年のエクスマ塾も募集しています。

あなたのビジネスを輝かせるために。
SNSでもっと影響力を持つために。
仕事を楽しむために。
人生を悔いのないものにするために。

ぜひあなたも、エクスマ塾生になりましょう。

詳細はこのブログから。

【募集開始】2019年エクスマ塾 全日程確定

2019年新春セミナーも日程が決定!

東京:1月16日(水曜日)
大阪:1月22日(火曜日)

スケジュールを空けておいてくださいね。
あなたの参加、お待ちしています。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする