ビジネスの世界で否定されていたことが価値|Twitterで好きな小説を紹介している理由

ビジネスで成功したかったらビジネス書ばかり読むな!

ボクはTwitterで好きな小説を紹介しています。
ビジネス書ではなく、小説です。

それには理由があります。

それは

ビジネスで成功したかったら
ビジネス書ばかり読んでいては
成功は難しいということ。

成功したかったら
小説やエッセイなど

ビジネス以外の本を読むことが必要だっていうこと。

もちろんビジネス書は役立ちます。
ボクも30冊くらい書いていますから。
でもビジネス書だけでは不十分です。

今の時代は、「成長社会」だった20世紀とはちがって成熟した社会です。
モノが売れない時代です。

もう「成長社会」ではなく「成熟社会」。

カンタンに説明すると
たとえば、マーケティング。

20世紀には、マス・マーケティングが効果がありました。
でも、今はもうマス・マーケティングは(あまり)効果はありません。

消費者調査をしたり、グループインタビューをしてデータで「商品開発」しても売れない時代です。

だって成熟化社会の消費者は「理性」で行動しないからです。

「心」で行動する。

モノの豊かさよりも心の豊かさを求めているのです。

だから優秀な経営者やビジネスマンは人の心を熟知しなければなりません。
だって、ビジネスっていうのは「人」を相手にしているのですから

人の心を知るにはビジネス書よりも小説のほうがいいのです。

単純な話です。

今までのビジネスをやっていく延長線では、文化的な要素は必要のなかった。
でもこれからは、一見「遊び」のように見えるコトが、イノベーションへには必要になってくるのです。
今まで否定されていた要素、遊び、楽しさ、感、文化、芸術、そういうもがこれからの経営には必要。
ビジネスの世界を『脱構築』する感じ。

ロジカルな仕事は、AIとソフトウェア、ロボットに仕事を代替されてしまいます。
ロジカルシンキングだけだと、淘汰される時代。
教養(リベラルアーツ=自由になる技)が大事だな。

だから、ビジネスで成功したかったらビジネス書ばかり読んでいてはダメだってこと。
今日からあなたも小説を読みましょう。

エクスマ塾・セミナーの案内

よくボクは「業界の常識に縛られるな」とか「既成概念に囚われるな」とか、言います。
どうしてかというと、今は、世の中が激変しているからです。
業界の常識とか既成概念というのは、人間が作ったルールです。
国や地域が変わったら、もろくも崩れ去る。
時代が変わったら、全く意味を持たない。

それはある意味、価値がないということ。
今の時代、進化しなければ、成功なんてしない。

進化して、あなたらしく羽ばたくために、エクスマ塾に参加しましょう。
現在募集しているエクスマ塾の詳細はここからみて下さい。

ビジネスを楽しむ新しい視点を手にいれよう!
エクスマ塾 東京97期と大阪98期のご案内

塾の前セミナーを体験したいという方は大阪と東京があります。

【東京】8月7日(水)エクスマセミナー in 東京
   変化を恐れず新たなスタートを

【大阪】7月17日<水> エクスマトーク in 大阪
   エクスマ的なSNS活用セミナー

お待ちしています。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする