遊びのような仕事、仕事のような遊びを実践しよう!|ボクがエクスマ学院をやる理由

ビジネスとは関係がないと思えることにこそ 価値が宿る時代

今はテクノロジーの進化によって、世の中はますますモノ余りの時代となり、スキルや技術だけでは差別化できなくなってきています。
もっと人の感性に訴えかけ、共感を得るためにどうしたらいいか。
どの企業も頭を抱えていることでしょう。

ボクは、「モノを売るな!体験を売れ!」の視点を長いこと提唱してきましたが、人々の感性に働きかけるには、まず、商品やサービスを提供する人自身が感性豊かでないと難しいと感じています。
作っている人が頭を抱えていたら、買う人もつまらなくなりますよね。
そもそもそんな商品はもう売れない。

中国の歴史の話をしている

だから、もっとワクワクするべきなのです。
何にワクワクしたらいいのかわからない。
なんていうのは、視野が狭くなっている証拠です。
楽しいことは山程ある。
それがまだ見えていないか知らないだけ。
もっと外の世界に目を向ければ楽しいことはたくさん見つかります。

仕事のことばかり考えている人はつまらない

そう思いませんか?
話していても、自分のビジネスの話ししかしない人ってつまらないですよね。
少なくとも、塾生さんたちは、自分の楽しみや好きなことを大切にしながら日々を過ごしていると思いますけどね。

でも、ボクがよく言う、「遊びのような仕事。仕事のような遊び」を実践している人はまだまだ少ないように思う。
ワクワクする気持ちで周りの人やお客様を巻き込んでいく。
そのためには、夢中になって遊ぶだけでなく、教養を身につけることが必要なのです。
すぐに役立つ事は、すぐに役立たなくなるし、一見役立たないように思える知識がとても役立つことがある。

池上彰さんの著書「大人の教養」のまえがきに面白いことが載っていました。
それは池上さんがアメリカの大学を視察に行った時の話です。

マサチューセッツ工科大学に行って印象的だったのは、音楽の授業がとても充実していることです。
ピアノがズラリと並んでいて、学生たちが音楽の勉強をしていました。
なぜそんなことをやるんだろう。
尋ねると、マサチューセッツ工科大学の先生がこう言いました。
「マサチューセッツ工科大学は、科学技術の最先端の研究をしています。
当然、学生にも最先端のことを教えるのですが、最先端の科学をいくら教えても、世の中に出ていくと、世の中の進歩は速いものだから、だいたい四年で陳腐化してしまう。
そうするとまた勉強し直さなければいけない。
そんな四年で古くなるようなものを大学で教えてもしようがない。
そうではなく、社会に出て新しいものが出てきても、それを吸収し、あるいは自ら新しいものをつくり出していく、そういうスキルを大学で教えるべき」
それが教養であり、音楽も教養の一つだというわけです。

池上彰:著「おとなの教養」<NHK出版新書>より抜粋

マサチューセッツ工科大学といえば、世界一の理工系の大学ですよ。
どうしてその大学で音楽の授業を取り入れているのか。
それは人間にとって普遍的な知識だから。
今すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる。

おもしろいですよね。

新しいビジネスアイデアを遊びのような学びの場から練る

新しいビジネスアイデイアを遊びのような学びの場から練ってほしい。
そんな思いで、「エクスマ学院」をすることにしました。
というか、ボクがやりたかったというのが本音。

今まで知らなかったことを知って、興味を持ったり、ワクワクするのも「遊び」と同じこと。
学ぶことが「楽しい」、勉強がエンターテインメント。
そうなったら、経営者やビジネスパーソンにとって、成功の道が見えてくるのです。

エクスマ学院は、一見ビジネスとは関係ないように見えて、実は密接に繋がりがある様々な講座を実施します。
つまらない学びは時間を浪費するだけですが、新しい発見につながる学びは、視野を広げ、新しいビジネスアイデアに繋がります。
頭を柔らかくして、凝り固まった脳をほぐすようにワクワクする時間を一緒に過ごしましょう。

[塾生限定]エクスマ塾の上位コース「エクスマ学院」1期生募集

遊びのような仕事、仕事のような遊びを実践しよう!
新しいビジネスの可能性を探ろう!
もっとカッコいい大人になろう!
もっと人生を楽しもう!

こんな感じのエクスマスタジオで実施

日程:全6回 月1回

1回目 4月21日(火)
2回目 5月28日(木)
3回目 6月24日(水)
4回目 9月4日(金)
5回目 9月30日(水)
6回目 10月21日(水)

毎回、午後1時から7時まで。7時から懇親会

会場:エクスマスタジオ
       ( 東京 小田急線 和泉多摩川駅前)

参加資格 
エクスマ塾卒業生であること
懇親会に参加できること

募集人数 
20名(って言ってもあと4名で満席です。) 
追記:本日2月6日18:00に満席となりました。
只今キャンセル待ち受付中です。

6回コース 参加費  
21万円(消費税は別途、懇親会費用は含む)

つながりの経済 を理解する
(世界情勢 テクノロジー SNSの進化)

国語 文章、哲学
社会 SNS、歴史、経済、偉人伝
科学 物理、テクノロジー、
芸術 美術、音楽、演劇、映画
真理 エクスマ的な生き方 人との関わり方
お金 人生を豊かにするお金との向き合い方

もうすでにたくさんの塾生さんが参加予定です。

検討している塾生さんは、早めに参加表明をここからしてくださいね。
(エクスマ塾生限定募集です)

【エクスマ学院1期参加申込フォーム】

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました