エクスマ塾は常に進化し続けます|7月4日は「エクスマ塾」17歳の誕生日でした

7月4日に生まれた

エクスマ塾の上位コースの様子

7月4日はエクスマ塾が最初に始まった日でした。
大阪で初めてエクスマ塾を実施した日。
エクスマ塾の誕生日ですね。

アメリカの独立記念日と同じなんだな。
2003年7月4日に大阪で開催した。もう17年も経っています。

当時、大阪産業創造館でエクスマセミナーをやっていました。何度かやっているうちに、担当の、中根さんから、藤村さんはこれからどんなことやりたいのと聞かれました。
その時にビジネスの塾をやりたいんですよねと言ったのです。
どんな塾なんですかと聞かれました。

「まだ内容は全く決まっていませんが、みんなニックネームで呼び合い、温泉で合宿することだけは決まっています」

中根さん「面白いですね〜」

「年齢も性別も会社の規模も違う経営者さんたちが、浴衣でビールを飲みながら、自分や他人のビジネスのことを熱く語る。思いや、夢なんかを。そんな場です」

中根さん「それ、やりましょう!うちで企画します」(即決)

そんな感じで始めたんですよ。
その1日目の合宿の初日が7月4日だったのです。

熱い語らいの場を創りたい

大学生の頃、僕は早稲田大学で劇団にいました。

夕方から夜10時くらいまで毎晩稽古をして、その後みんなで安い居酒屋に飲みにいきます。
その時、演劇論や文学論、芸術論、などなどを熱く語っていた。
先輩も後輩も、みんな熱かった〜
そういう時代性もあったんだと思うけどね。

まだ学生運動が残っていた時代だったから、政治や世界の政治経済、革命のことなんかも語り明かした。
毎晩の飲み会がとても刺激的で、僕もその場で貴重な体験をしながら、知識や教養を身につけてたと思う。

エクスマ塾では、あの熱い語らいの場ができたらいいなって思っていたのです。

時代に適応して98期までやってきた

エクスマ1期の合宿が始まりました。
12名くらいの参加者さん。
僕が少し話した後、参加者さんに自己紹介と参加の動機と自分のビジネスの紹介を制限時間20分でプレゼンする時間がありました。

最初に自己紹介したのは、現在エクスマ事務局をやってくれている、ハッピー橋本くん(橋本亨氏)。
きっちりとした性格なので、ぴったり20分で見事プレゼン。
彼は当時人気だった有名どころのコンサルタントの先生の塾を総なめしている、道場破りのような人でした。
自己紹介を聞いているうちに、「おいおい。僕より学んでいるよ。逆に僕が教えてもらいたいくらいだ」って思ったのを今でも覚えている。(笑)

その次の参加者さん自己紹介が1時間くらいかかった。
ともかく経営者は孤独な人が多いので、途中で止めないで、話したいだけ話させようと、中根さんと打ち合わせしていたのです。
その人がやっと終わったと思ったら、次の人も前の人の影響を受け、長い自己紹介。
本来のスケジュールだと、夕方には自己紹介が終わるはずなのに、なんと夕食後も23時くらいまで続き、それでも終わらず、結局全員が終わったのが翌日の午前中。
午後からやっとカリキュラムをやることができた。(笑)

グループワーク中



もちろん、今はそんなことはありません。
毎回、振り返り、カリキュラムを改善し、修正し、追加しながら、98期までやってきています。
世の中の環境、テクノロジーの進化、生活者の心理の変化、経済の変化にあわせ、進化させています。

2014年だけ、1年間、おやすみしました。
どうしてかというと、SNSが登場したから。
2010年くらいに、Facebookが登場した時に、SNSはこれからお客様との関係性を築いていく上で、とても重要なメディアになるだろうなと予想し、それから自分で研究しました。
そして、途中で塾を中断して、2015年から塾のカリキュラムにSNSを取り入れたのです。

エクスマ塾は常に進化しています。
日々変わる世界の状況、テクノロジーの進化、インターネットの新しいプラットフォームの登場、その度にそれをいかにビジネスに活用するかを考えているから。

もちろん変えてはいけないこともたくさんあります。
たとえば
「遊ばざるモノ働くべからず」
「どっちが儲かるかではなくどっちが楽しいか」
「新規客より既存客を死ぬほど大切にする」
「関係性、つながり、が大事」

などなどのエクスマ思想の根幹は変わりません。

エクスマ塾は今回のコロナウィルスのことで、大幅にスケジュールが狂っていますが、立て直してまたやります
また新しいカリキュラムになる予定です。
これからの時代に適応して、柔軟性を持って、大きく進化します。
ぜひ期待していてください。

その前に、エクスマに触れたことのない方は、ぜひオンラインのエクスマセミナーを体験してみてくださいね。

オンライン開催のエクスマセミナーは7月21日(火曜日)

誰でも参加できるエクスマセミナーを7月21日に実施します。

東京のエクスマスタジオで実施しますので、近隣の方は、スタジオで直接セミナーに参加することもできます。懇親会はありませんが、僕と話したい、会いたいという方はぜひいらしてくださいね。

また、オンライン開催はセミナー形式なので、参加者さんの顔は映りません。
講演を聴いていただくスタイルになります。
顔を出したくない方は安心してくださいね(笑)

テーマは

「ピンチはチャンス!コロナ禍を生き残るために」

<セミナーの詳細はこのブログを読んでね>

今、さまざまな業界でどんな変化が起きているのか。
コロナ後の世界は、どういう世界になっていくのか。
どんなマーケティングをデザインしたらいいのか。
環境に対応し、お客様との関係性をどう築くのか。
どんな視点でビジネスをしていけばいいのか。などなど
3時間、お話します。

【日時】7月21日(火曜日)午後2時から5時(途中休憩あり)
【場所】東京 和泉多摩川『エクスマスタジオ』
    東京都狛江市東和泉3丁目12−4
    新宿駅から小田急線「和泉多摩川」下車 東口徒歩1分

【参加料】
エクスマスタジオ 10,000円
zoom参加     5,000円
(いずれも消費税は別途)
【参加人数】
スタジオを密を避けるため最大でも15名
zoomは100名まで参加可能
zoomのウェブセミナー(ウェビナー)を使用して実施します。
講義を聞く方式です。
質問がある方は、チャットで受けることもできます。

誰でも参加できるセミナーです。
もちろんエクスマ塾生さんも参加できます。
みなさんのご参加をお待ちしていますね。

【リアルのセミナーinエクスマスタジオ申し込み】

ストアーズでの支払いになります。
申し込み後、エクスマ事務局から詳細が届きます。

【zoomでの参加申し込み】

ストアーズでの支払いになります。
申し込み後、エクスマ事務局から詳細が届きます。

ズーム参加が初めての方は
僕のスタッフの平松氏が書いた
このブログを参考にしてください。
【Zoomミーティング&ウェビナー参加方法】

塾生限定セミナーは7月23日(木曜日)海の日

塾生さん限定のセミナー、エレメントEは7/23「海の日」で祝日に実施します。
基本的に毎回、僕が今、話したいことを話すセミナーです。

過去にやったセミナーのタイトルだけでも、ビジネスセミナーとは思えない。
「勝手にしやがれ」
「人間失格」
「自分の中に毒を持て」

詳細はまた別のブログで書きますけど、一応、お知らせしておきます。

テーマ:【逸脱した思考が価値を作り出す!便器が芸術作品に!】

カウンターカルチャー的な逸脱する思考が求められているのが、今です。
価値の転換
革命的
主流じゃなく反主流
この時代をいかに面白く生きるか?

【日時】7月23日(木曜日)午後2時から5時(途中休憩あり)
【場所】東京和泉多摩川『エクスマスタジオ』
【参加料】
エクスマスタジオ 10,000円
zoom参加     5,000円
(いずれも消費税は別途)
【参加人数】
スタジオを密を避けるため最大でも15名
zoomは50名くらいかな?
zoomのウェブセミナー(ウェビナー)を使用して実施します。

塾生さん限定です。塾生のみなさん、お待ちしています!

【7/23エレメントE参加申し込みフォーム】

藤村正宏のエクスマラジオ

ボクが話している「エクスマラジオ」
AppleやGoogleのPodcastやSpotifyでも聞けます。

Spotify(フォローしてくれたら嬉しいです)

Podcast

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました