組織ではなく、個人の力が増大している

個人の影響力を高める塾

忙しくなると、ブログの更新頻度が減っているという、嘆かわしい時期がつづいています。
いかがお過ごしですか?
こんにちは、藤村正宏です。

伊豆長岡温泉での、エクスマ塾の最上位クラスの塾、全8回、約9か月が終わりました。
とても楽しい塾だった。
この塾のテーマは「個人の影響力」。

塾の様子

塾の様子

なんだかんだ言っても、今の時代、個人のパワーが増している。
そう思うんです。
組織や会社じゃなくてね。

パソコンやスマホが進化して普及したり、SNSが日常的に使われるようになった。
ICT関連のテクノロジー進化、などなどの影響で、個人がすごい力を持った。
ちょっと前までは、個人ではできなかったことが、できるようになった。

たとえば「映像」っていうのは、ある意味、為政者にとって危険な存在になる。
たくさんの情報を伝えることができるから。
だから、以前は国家が認めた事業者にしかできなかった放送業務だった。

でも、今はスマホ1つあれば、誰でもカンタンに、その「映像」を扱うことができるようになった。
スマホで撮影した動画の、映像クオリティも格段と向上しているし、編集もカンタンにできる。
Ustreamのアプリを入れるだけで、ライブの映像配信もできる。
YouTubeに自分の専門分野の動画を、たくさん蓄積することもできるようになった。
そして、それがほぼ無料に近い状態で可能なのです。

動画だけでなく、FacebookやTwitter、ブログなどを考慮にいれると、個人の発信力が増大しているというのは実感します。
個人の力が大きくなっているし、その傾向は勢いをつけ、拡大している。

だからビジネスの「あり方」も、大きく変えなければならない。
マーケティングの「あり方」も考える時にきている。
個人の、会社との関わり方、働き方も今一度検証してみる時期。
こんな時代に仕事ができるっていうのは、本当に仕合わせだなって感じています。

ということは「個人の影響力」が世の中に大きな影響を与える可能性があるということです。

だから、「個人の影響力」を高める塾を実施したわけです。
SNSの影響力。
話して伝える影響力。
書いて伝える影響力。
そして、人として、その人の存在そのものの影響力。

サポートしてくれた講師陣の質疑応答

サポートしてくれた講師陣の質疑応答

塾に参加したみなさん全員、確実に、9か月前よりも個人の影響力が増していると確信できました。
ますます、個人の力が強くなっていく世の中。
個人の影響力は、ビジネスにおいても、人生においても、重要な要素になっていくはずです。

9か月の塾が最終的に終了した後、はなぶさ旅館の温泉に入って考えていたのは、概ねそんなことです。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする