販促しないことが、会社の利益をあげることになる

既存客を死ぬほど大切にしない方がいい

5年ちょっと前に出版された本「安売りするな!価値を売れ!」(実業之日本社)の改訂版の、加筆原稿を書いていました。

この本はとても売れた本です

原稿を書いていて思った。
本当に5年くらいで世の中が変わったんだ。
そういうこと。
まるで違う世界になったように、世の中が書き替えられてしまった。

ボク自身もマーケティングコンサルタントとして、5年前くらいとは考え方が変わっています。
例えば以前、「新規客より既存客を死ぬほど大切にしよう」と言っていました。
でも、今の時代は一概にそうとは言えません。
もちろん、おなじみさんや既存客を大切にすることは、今でも大切なことです。でも、SNS時代には死ぬほど大切にしなくてもいいということ。
それは逆効果になる場合もある。
濃い関係性は、モンスターカスタマーを生むことになりかねない。
会員制や囲い込みなどは、もう時代遅れになっています。
弊害を生んでいる。

「販促」という概念がなくなる

もう一つ、ボクは販促をしない会社は売上げが上がらないと言っていました。
だから販促は投資と捉え、実施することを積極的に勧めていました。

でも、今の時代、販促という概念はなくなっていく方がいいと思っています。
SNSでたくさんの人と関係性を構築している会社は販促をしなくても売れています。
みんなが集団自殺をしているようなアパレル業界で、一切セールをせずにSNSだけで服がたくさん売れている会社があります。
2000万円以上する新築の家が、インスタグラムのつながりだけで、何棟も売れている工務店があります。
まったく販促費はかけていません。
SNSのつながりで共感してもらい、ファンになってもらってから、お客さまになっているのです。
販促がなくなることが企業にとっては理想です。
だって販促費というのは利益から出ているものですから。
販促をしなくても売れるのなら、しない方がいいですよね。

それができる時代になったのです。

変わるものと変わらないものがある

変わっていないのは「関係性」です。
この関係性の考え方、特に「ゆるやかな関係性」という考え方は変わっていません。
人は見ず知らずの人よりも、つながっている人の方を信頼するし、そこに依頼する方が楽なのです。
これは基本です。

髪を切るのは知人の美容師。
ウェブサイトを作るのは知り合いのデザイナー。
税金の相談をするのも、いつも行くジャズのライブハウスで知り合った、常連客の税理士さん。
リフォームを依頼するのは、趣味のサーフィンのコミュニティでつながった社長が経営する建築会社。

人は関係性の深いところで消費するのです。

でも以前は、関係性を作り出し、維持していくものは紙媒体が主でした。ニュースレターや個人を出したダイレクトメールなどです。
でも、今の時代、紙媒体はコストが合わなくなっています。
印刷代や郵送代が膨大にかかるわけですから。

結果的に、紙媒体に代わり、SNS上のオンラインコミュニティに、関係性の主役が移っている。
そして、このSNSでのつながりが、日々増えているわけです。

フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどで交流していると、縁やつながりが増え続けます。
そうしたら、本当にすべての消費が、SNSでのコミュニティ内で行われる日も近い。
必要なものすべてがコミュニティで賄える時代になるのです。

改訂版の本の原稿を書いているあいだ中、世の中が激変したんだってことを感じていました。
僕たちもアップデートしましょうね。

2017年7月6日エクスマ出版セミナーin東京

出版セミナーです。
この本を一人一冊プレゼントします。サイン付きです。

ゲスト講師は2名です。
村上春樹の初期三部作でビジネスの気づきを語る、VMDコンサルタントの藤井雅範さん。
ユーチューブで高級工具を売る、ユーチューバー、工具屋てっちゃんこと澤山哲也さん。

【スケジュール】
13時から18時30分くらいまでセミナー(受付開始は12時40分頃予定)
19時くらいからお食事
20時くらいから質疑応答orトークショー
21時くらい終了

【参加費】25000円(消費税込み 夕食付きです)
【定員】 100名
【会場】渋谷『カルチャーカルチャー』
WEBサイト
アクセス情報

参加したい方は以下からお早めに申し込んでください。

7月6日エクスマ出版セミナーin東京参加申し込みフォーム(ptix)

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする