糸井重里さんのコラム|自分の捉え方で世の中は良くも悪くもなる

「ほぼ日」の糸井重里さんのコラム

糸井重里さんは、80年代から90年代にコピーライターとして、日本の消費社会を大きく変えた人です。
「不思議大好き」「おいしい生活」などなどの名キャッチコピーで、コピーライターという職業を一般的に知らしめた人でもある。
90年代の後半からは、インターネットを使い、新しいメディアとしての可能性を追求してきた。
「ほぼ日刊イトイ新聞」

毎日更新される糸井さんのコラム「今日のダーリン」は、ボクの楽しみにもなっています。

時々、(とてもおこがましいことですが)ボクの考え方や生き方と似ているなぁって思う。
数日前のこのコラムを読んだ時にもそう思った。

・ずいぶん昔に聞いた寓話を、たまに思い出す。

山の向こうと、こっちにふたつの村が離れてあった。仮に「むこう村」と「こっち村」としておこうかね。

「こっち村」に、ひとりの旅人がやってきた。えらく不機嫌な顔で、村人にたずねた。「昨日までむこう村にいたんだけれど、むこうの人はみんな不親切で、愛想もなくて、ほんとに嫌な村だったんだ。まさか、こっちの村はそんなことはないだろうね。」こっち村の村人は、それに答えた。「むこう村が、不親切で、無愛想で嫌な村だったなら、こっち村も、きっと不親切で無愛想で嫌な村だと思うよ」旅人は、「そうかやっぱり。こんな村に長居は無用だな」と、不愉快そうに歩いていった。

そのあと、ふたりめの旅人がやってきた。「むこうの村からやってきたんだが、いやぁ、みんな親切で愛想がよくて、いい村だったよ。こっちの村も、よさそうだねぇ」と笑顔で言った。村人は、「そういうあんたには、きっと、この村は気に入ってもらえると思うよ。ようこそ!」

ぼくは、この話がとても好きで、できることなら、いつも機嫌のいい旅人でありたいと思っている。いいところを見つける力のようなものを、たっぷり持ち合わせていたいし、わるいところを見つける感性を持っていたとしても、それに引きずられないようにしようと考えている。ぼくばかりじゃなく、「ほぼ日」の乗組員たちや、多くの関係者、お客さんたちもそういう感じだと思う。

自分の捉え方が問題

ボクたち人間は、心で生きています。
自分がこの世界を、悪い人が多くて住みにくい、どうしようもない、悪に満ちた世界だと思ったら、その人の周りはそうなります。
この世界を、優しい人がたくさんいて、善意が溢れ、素晴らしい世界だと思ったら、その人の周りはそうなるのです。

全ての物事は自分の捉え方で、意味が変わるのです。
物を悪く見ないで、怒らないで、先々の取り越し苦労をしない。

たった一度の人生ですから、毎日捉え方を「楽しい」や「素晴らしい」にしていくことです。
毎日毎日が奇跡の連続です。
健康で、大切な人がいて、ご飯が食べられ、夢がある。

感謝したいですよね。

今後のエクスマセミナー予定

東京:10月16日(火曜日)スタジオセミナー トークライブ

東京のエクスマスタジオセミナーです。
塾生以外でもでも、気兼ねなく参加できます。
ぜひこの機会をお見逃しなく。
以下のブログから詳細をチェックしてみてくださいね。

【楽しく仕事をする視点】楽しんでいると業績がよくなる

大阪:10月10日(水曜日)エクスマ的SNS活用セミナー

インスタグラムで高価なボディオイルや下着が売れているエステサロン。
Twitterで仕事が舞い込んでくる税理士事務所。
SNSで発信することで売上が上がるのです。
迷っていないで、いますぐ以下からチェック!
(詳細はこのブログから

東京:11月19日(月曜日)

2019年新春セミナーも日程が決定!

東京:1月16日(水曜日)
大阪:1月22日(火曜日)

スケジュールを空けておいてくださいね。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする