悲壮な顔でビジネスしていている人はうまくいかないんだな

太宰治の作品から見るビジネスの真理

太宰治ってわりと好きな作家です。
ちょっと破滅的で自堕落、無頼な感じ。
薬物中毒、女性関係、自殺願望・・・ある意味乱れきった私生活。
でも、作品は素晴らしいと思う。
没落貴族の女性を主人公に、滅びゆく美しさを描いた『斜陽』。
自伝的な要素が濃い『人間失格』。
『ヴィヨンの妻』『走れメロス』などなど・・・若い頃からよく読んでいました。
物語の裏に隠された人間の「業」や「真理」が織り成されている。

太宰治が書いた、短編小説『おさん』の女性主人公がこういうことを言っています。

革命は、人が楽に生きるために行うものです。
悲壮な顔の革命家を、私は信用いたしません。

この小説は、好きな小説です。

妻子のいる家庭から、愛人のもとに通う夫を冷めた目で見る、妻の語りという重いテーマですが、なぜか面白い。
結局、革命だの何だのと大仰なことばを並びたて、浮気相手の女と心中した夫のことを
「つくづく、だめな人だと思いました。」
「悲しみとか怒りとかいう思いよりも、呆れかえった馬鹿々々しさに身悶えしました。」
と、冷めた視点で語る妻。
その最後の部分で、この言葉が出てくる。

でも、それは「本音」ではない。
何か、説明のできない裏の裏にある、「真理」が文章の端々に感じられる。

いい小説です。

これを読んで、ビジネスと一緒だなって思った。

ビジネスとは、人が楽に生きるために行う物です。
悲壮な顔のビジネスパーソンを、私は信用いたしません。

こんな感じですかね。

忙しい、忙しいと言っている人や、つまらなそうに仕事している人、心がこもっていない人などは、ビジネスが上手くいかないよな。
そう思うのです。
だからいつも上機嫌で仕事したいよね。
面白がること、楽しむこと、やりがいを感じること。
それが大事なんだな。

The following two tabs change content below.
Avatar photo
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
—————————————————————

◆これからのエクスマの予定◆

◆札幌エクスマセミナー◆

【日時】
2022117日(月曜日)午後3時から6時まで。(6時から8時まで懇親会)
【会場】osteria EST EST EST.(エスト、エスト、エスト)
北海道札幌市北区北9条西2丁目41 ホワイトキューブ札幌
もうすぐ募集を開始します。

◆エクスマ塾生限定リアルセミナー◆
11月19日(土)予定
もうすぐ募集を開始します。

◆リアルのエクスマ セミナー◆
11月21日予定

エクスマスタジオでセミナーを実施します!
「エクスマ トークセッション」
藤村正宏に会いに来てくれると嬉しいな
限定10名
もうすぐ募集を開始します。。

◆オンライン エクスマ セミナー◆

今年最後のオンライン エクスマセミナー
11月29日(火)午後9時〜

もうすぐ募集を開始します。

◆講演依頼大歓迎です◆

オンラインでもリアルでも講演の依頼は大歓迎です。
社内研修、業界団体、勉強会、なんでも気軽に依頼してくださいね。 

【講演依頼はここから】

◆エクスマショップ◆

新しいデザイン「シュレディンガーの猫」が発売になっています。
藤村正宏がデザインしたTシャツやパーカーを売っています。
ショップにアクセスして「オモイデ」のタブをクリックすると「シュレデンガーの猫」「アインシュタイン」「ノイス」シリーズのグッズがまとめて見られます。 

【エクスマショップ】

◆藤村正宏のエクスママガジン<無料>◆

【藤村正宏のメルマガの登録はこちらから】

僕のInstagramやTwitterをフォローしてくれたら嬉しいです!
  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • tiktok
エクスマ思考文学雑感
藤村 正宏をフォローする
マーケティングコンサルタント藤村正宏ブログ
タイトルとURLをコピーしました