ニューズレターからSNSへ|マーケティングの役割はコミュニケーションになった

お客さまとコミュニケーションをとるだけで売上はあがる

お客さまとコミュニケーションするだけで売上は上がります。
これは確実です。

情報洪水なんて言葉が虚しくなるほど、世の中には、想像を絶するほどの情報量が流通している。
ほとんどの情報は見られないと思った方がいいくらいです。

でも、そんな環境でも、しっかりと関係のある人たちと、コミュニケーションしていたら、忘れられることがない、思い出してもらえます。

ちょっと前だと、ニューズレターがその主役でした
ボクの塾生さんがやっている、写真館はニューズレターを使って、お客さまとの関係性を作りだし、大きな成果をあげたりしていた。
温泉旅館も、美容室にシャンプーなどの美容商材を卸している商社も、ニューズレターを使って関係性を作り、忘れられないようにしていました。

塾生の写真館のニューズレター

ニューズレターは、関係性を作るための王道のツールでした。
それが今、SNSの登場により主役交代になった。

だって、コストが破壊的に違う。
敷板が革命的に低い。
ニューズレターは、一方的になりがちだけど、SNSだと気軽に、しょっちゅうお客さまとコミュニケーションできる。

例えばボクはTwitterのフォロワーさんが3万人います。
そのフォロワーさんに、一日に10回くらいは情報を流している。
毎回見てくれている人もたくさんいる。
そんな人たちは、いつもボクのことを思い出してくれているわけですよね。

SNSをビジネスに活用しないって選択はないと思うくらいです。
あなたがSNSのことをどう思うかなんて、関係ないのです。
ほぼ無料で、あなたの情報をつながっている人たちに伝えることができるという事実。

それってすごくないですか?

でもね・・・SNSは続かない

SNSは「なかなか続かない」と言う方がけっこう多い。
エクスマ塾生さんでもそういう人がいます。

それは、効果を実感しにくいからなんです。

最初は意気込んで始めてはみますが、やっているうちにちょっとずつやる気がなくなっていって、本当によかったの? ということになってしまう。
毎日ツイートするとか、毎日Facebookやインスタの投稿するって、けっこう大変な作業です。
特に最初は、全く反応がないことがほとんどです。
何を書いていいかもわからない。
お客さんにとって価値のある情報を書かなきゃ、と思うとキツイですよね。

だから、趣味の話とか、本当に他愛のない話、好きな食べ物の話などつづけやすい内容にすることも大切なんです。
継続することが一番大事なことなんです。
だから、初めは結果を求めるのではなく、発信して、他の人と交流すること自体を目標にしたほうがいい。
そう考えて続けることです。

「時間がないからできない」という言い訳はもうやめましょう。
みんな時間がないのに、やっているんですから。

あなたが変化するために〜エクスマ塾の案内

今の時代常に変わっていかなければ、成功は難しい。

いつも変化して、あなたらしく羽ばたくために、エクスマ塾に参加しましょう。
現在募集しているエクスマ塾の詳細はここからみて下さい。

ビジネスを楽しむ新しい視点を手にいれよう!
エクスマ塾 東京97期と大阪98期のご案内

エクスマをビジネスに活用したいそう思っている方は
誰もが参加できる必見のセミナーです。
初めての人も大歓迎です!

【東京】8月7日(水)エクスマセミナー in 東京
   変化を恐れず新たなスタートを

塾生限定セミナー『エレメントE』の予定

8月1日(木曜日):大阪
テーマ「人間失格」|変な人が価値の時代だと思う

もっと、とんがった個性を持ちたい、もっと周りに対して影響力を持ちたい、もっと自由になりたい、そんな方は必見です。
<このブログから詳細を見てね>

8月31日(土曜日):東京
テーマ「お金の話」
お金に対して罪悪感を持ったり、汚いイメージを持ったしていると、お金持ちになれません。
ゲスト講師がいますが、秘密です。密かに募集しています。

【8/31エレメントE in 東京参加申し込みフォーム】

お金持ちになりたい方は、必見のセミナーです。

9月6日(金曜日):東京
今のところテーマとゲスト講師は未定です。
どんな内容でも行くよ!って言う人は、申し込んでね。

【9/6エレメントE in 東京参加申し込みフォーム】

いや〜、エレメントE、面白いです。

お待ちしています。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする