9月6日(金)エクスマ塾生限定セミナー『あなたが知らない近未来の話』

世の中は毎日のように変わっている

エクスマ塾生さんにお知らせです。

今週の金曜日、9月6日午後1時から5時まで、東京のエクスマスタジオで塾生限定セミナー『エレメントE』をやります。

8月のエレメントEの様子

ここのところ、AIやロボットのニュースが立て続けに報道されていました。
佐賀急便が伝票の入力作業を、人工知能にするというニュースがありました。

佐川急便、1日100万枚の伝票入力をAIで自動化 約8400時間分の人力作業を削減 – <ITmedia NEWS>

今まで人がやっていた作業をAIに任せることで8400時間の時間が節約できた。

JPモルガンが、人間のコピーライターとAIに広告のキャッチコピーを考えさせ、どちらが反応がいいかを実験した。
AIのコピーの方が2倍以上のクリックだった。

機械学習がマーケティングの分野で人の心を捉える大きな助けになる
人間のキャッチコピーをついにAiが凌駕、JpモルガンがAiキャッチコピーを採用することに

調剤薬局にもロボットが導入されたニュースも面白かった。

「ロボット薬剤師」は薬局をどう変えるのか
小規模薬局からは機械化加速に不安の声

厚生労働省が医薬品、医薬機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律。
「薬機法」を改正することになりました。
薬剤師が最終的な責任をとるということが基本ですが、薬剤師ではない人が調剤業務の一部を行ってもいいことになる。
処方箋に記載された、医薬品の必要量をそろえたりする作業が薬剤師でなくても可能になるのです。
それを「調剤機械」というロボットがやってくれる。
処方箋を読み取り、指示された薬の種類と量を選び、袋詰めまでしてくれる。
薬剤師の仕事が軽減され、人数も少なくてすむようになりつつあります。
そのうち、薬剤師って今の人数の10分の1くらいでもよくなるかもしれません。

AIが得意なことは論理的なこと

単純作業やデータを扱うロジカルな仕事は、AIが人間よりも得意です。
数字を扱う、法律を扱う、ルールを扱う、そんな仕事です。
だからロジカルな仕事だけやっている人の仕事は、AIに代替されていきます。
そのためには、論理的なことだけではなく、

これからのビジネスは、ロジカルな左脳より、感覚の右脳を活用することが、とても重要です。

近未来の話をします

9月6日東京のエクスマスタジオで塾生限定セミナーの内容。

エレメントE

テーマは
 「あなたが知らない近未来の話」

人工知能が人間の能力を超える「シンギュラリティ」って本当に来るの?
AIが人間の仕事を奪うの?
人間しかできない仕事って何?

そんな話を、東京のエクスマスタジオでやります。

【日時】9月6日(金曜日)午後1時から5時まで。

    その後懇親会。

【場所】エクスマスタジオ

【参加費】懇親会付きで15,000円
参加したい人は、以下のフォームから参加表明してください。

【9/6エレメントE in 東京 参加申し込みフォーム】

今後のエクスマ予定

2020年エクスマ新春セミナー in 東京
2020年1月10日です。
今のうちに予定に入れておいてくださいね。
もう少しで募集します。

エクスマトークライブ
9月のエクスマトークライブ

SNSは本当にビジネスに役立つのか? SNSの本質を見つめよう

9月5日は東京(定員に達しました、キャンセル待ち受付中)
9月10日は福岡(定員に達しました、キャンセル待ち受付中)
9月12日は大阪 (まだ大丈夫です)

【詳細はこのブログを見てください】

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする