神はサイコロを振る|物理というのは「物の理(ことわり)」を追求する、夢をかなえるための学問

気分よく過ごすといいことがやってくる

ボクの朝のFacebookの投稿が、巷でけっこう好評です。
基本的に、前向きになってもらいたいっていう思いでやっています。

「歓びと共に、満足して穏やかに生きると、輝く歓び溢れた未来になる」

「あなたがいい気分になっている時には、いいエネルギーを出しています。そんな時には、愛のあふれるいいものが返ってきます」

とか、発信しています。

明るい心。
ポジティブな思考。
気分がいい感情。

それがいい人生や仕合わせな人生になるためには必要なことだというのは、なんとなくイメージできますよね。
その逆に、不平不満、愚痴や悪口、過度の心配、不安、恐れ、そういう感情を持つと、それがやってくる。
これもなんとなくイメージできますよね。

そんな科学的に根拠もないことを言って、インチキなやつだって。
思った人。
これは、そうでもないんですよ。

現代物理学の量子論で、ある意味証明されているのです。

雑誌「Newton」別冊「量子論のすべて」わかりやすい

神はサイコロを振るのか? 量子論って何?

現代物理学に量子論というのがあります。

宇宙にある全てのものは、人間の体も何もかも、原子でできています。
原子っていうのは、原子核の周りを覆うように電子があります。
その大きさは1000万分の1mm以下です。
そのミクロの世界を探求して、そこからあらわれる原子、光といった自然界の主役の正体にせまる理論です。
量子論は、あの天才物理学者アインシュタインでさえ生涯悩み抜いた言われています。

アインシュタインは「神はサイコロを振らない」と言いました。
量子力学の不確定性原理に反論するために使った言葉です。
世の中の物事には全て法則性があって、それに則ってすべてが動くという考えです。

でも現代物理学では「神はサイコロを振る」という考え方になっています。
量子論っていうのは、摩訶不思議な要素を含む理論で「物の存在」について、それまでの常識をくつがえしたのです。

量子は自然界では考えられない「ふるまい」をします。

たとえば量子物理学ではある物体が同時に異なる場所にあることが可能です。
量子論では、ボクが東京で仕事をしていると同時に、沖縄のビーチで日光浴をしているようなことが起きる。
残念ながら、人間のような大きな物体では起きないのですけどね。
原子レベルでは起きることなのです。
物理学者たちは、この量子物理学の不可思議な現象に肝をつぶし、何度も何度も実験を繰り返しました。
何度やってもこの現象は起きるのです。
だから現代では、原因はわからないけれど、そういうもの、というのが定説です。
実験で証明されているってこと。

他にもあります。
物事は物体になったり波動になったりする。
量子には人間が観測していない時には波動なのに、観測をすると物質として現れる性質があります。
監視されている時と誰も見ていない時、態度を変える人間のようです。

これも実験を繰り返して、何度実験しても結果が同じでした。
不思議な現象が起きるのです。

波動は目に見えないものですよね。
たとえば音というのも波動です。
目に見えないけれど確実に存在しています。
この世界は波動の世界です。
全ての物事に波動がある。
これも証明されていることです。

感情や思いや気持ちなども波動で表される。
そして同じ振動数を持つものは、お互い響きあいます(共鳴・共振)。
違う振動数のものが入り込むと「干渉」という打ち消す方向に向かってしまう。

だからいい気分の時には、いい気分の波動があなたから出ている。
そしてそれと同じような波動のものと共鳴し合い、そういう物事がやってくるのです。
だからボクの投稿に書かれていることは、科学的な根拠のないデタラメではないんです。

真理というのは宇宙のルールです。
物理学というのは「宇宙や人間はどこからきて、どこへ行こうとしているのか」という命題を、数式、実験データ、観測を使って、論理的に解明していく学問です。 

物理というのは「物の理(ことわり)」を追求する学問。

ことわりとは、物事の筋道。条理。道理のこと。
まさに真理を解明していこうとしているのです。

今週の塾生限定セミナー

10/30(水)塾生限定セミナー、現在定員に達していますけど、まだ2~3人は大丈夫です。
映画はビジネスの気づきがたくさんある。
そんな映画をテーマにした塾生さん向けのセミナー。
楽しいですよ。エクスマスタジオにもぜひ一度来てみてね。

ここから詳細を見てください。

【映画はビジネスの気づきがたくさんある|10月30日(水)塾生限定セミナーで話すこと】

最近のFacebookの投稿

ちなみにボクのFacebookを見ていない人のために、引用しますね。

【過去から学び、今を生き、未来を輝くものにする】

おはようございます。
今日は日曜日ですね。
最近はだいぶ寒くなってきたなと思っていたら、もう10月も終わりの時期ですから、当たり前なんだと昨日気づいた。

あなたが生きているのは、いつだって今です。
過去に生きることもできないし、未来を生きることもできない。
今という時間が連続して続いているのです。

過去の歴史や過去の自分の体験からはたくさんのことが学べます。
それは今をよりよく生きるためにある。
そして、今の生き方が、未来を明るいものにも、暗いものにもする。
だから今をしっかりと生きることが大事なのですね。

今選択した感情によって、次に起きることが変化していきます。
愚痴を言ったり、悪口や陰口を言っていると、次にあなたの起きることに愚痴や悪口の影響が必ず出ます。
否定的な考え方、自虐的な考え方を選択すると、未来はどんどん悪くなり、うまくいかなくなって、病気になったりする。
それは決して嘘ではなく、宇宙のルールなのです。

今日をイラついて、怒りの感情で生きると、それがあなたの未来に影響を与えます。
歓びと共に、満足して穏やかに生きると、輝く歓び溢れた未来になる。
今日も未来の希望につながる日にしてくださいね。
読んでくれてありがとう。

【歓びに満ちる感情を】

おはようございます。

あなたがいい気分になっている時には、いいエネルギーを出しています。
そんな時には、愛のあふれるいいものが返ってきます。
逆に嫌な気分になっている時には、悪いものを出しています。
否定的で、運命を傷つけ、悪い循環を生み出します。

歓び、希望、感謝、情熱、熱意、満足などのいい感情を感じることです。
苛立ち、怒り、心配、批判、罪悪感、敵意などの悪い感情を避けることです。

いつも、いい気分でいましょう。
悪い感情が湧いてきたら、心を切り替えましょう。
いい気分を思い出す出来事や、ワクワクすることを思いましょう。
いつもいい気分でいると、いいことがたくさんやってきます。

笑顔を忘れないで過ごしてください。
今日も読んでくれてありがとう。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする