激変している時代だから、今起きていることを掘り下げて考える。それには教養が必要です「産業革命って何だ?」

世の中で起きていることを正確に捉えられないと、正しい未来を構想できない

先日、ある大手企業さん主催で、セミナーをしました。
その企業のお取引先が対象のセミナーでした。
主催した社長さんと食事しなが「産業革命」の話題になりました。
ボクのセミナーの中で産業革命のことに触れていたからです。

「イギリスの産業革命から現代までの流れがとてもよかったです。みんな気づいていないけど、今はそれくらい激変している時代ですよね。聞いていた人はきっと気づいてくれたと思います」

そう言われました。

その社長さんはもちろん、18世紀に起きた産業革命が世界を変え、今の資本主義経済につながっていることは、よく理解していました。
18世紀イギリスで始まった産業革命が、フランス、ロシア、ドイツ、アメリカと次々と連鎖して起き、それが世界の姿を一変させたわけです。

産業革命って、なんとなく知っているけど、詳しく知らないっていう人って多いと思う。
でもね、経営者としては知っている方がダンゼンいいと思うのです。
教養として。

教養を身につけることはとても大切だと思うのです。
時代が激変しても、普遍的な考え方ができるようになるから。
そしてもう一つは、現代の表面で起きていることを、掘り下げて考えることができるようになるから。
今、世の中で起きていることを正確に捉えられないと、正しい未来を構想できなくなります。
だからビジネスで成功したかったら教養が大切なのです。

そもそも産業革命ってどんなこと?

「革命」というのは社会の姿やあり方を変えるという意味です。
産業革命っていうのは、産業が変わるという意味ではなく、産業によって、社会が今までとは大きく変わるということです。

産業革命を最初に成功させたのがイギリスてした。18世記のことです。
蒸気機関の発明です。
これが第1次産業革命です。

石炭でお湯を沸かし、その蒸気の力を利用して動力にする。
物理の熱力学が発達したことで可能になった発明でした。
石炭の量とエネルギー量を正確に割り出すことができるようになり、蒸気機関が生まれました。

蒸気機関は、大量生産を可能にしました。
機械でものを作ると言う工場ができたわけです。
さらにものを作る機械そのものを機械が作る。
加速をつけて大量にものを作り出していきました。
工場の登場で、そこで働く人たち、労働者と言う職業ができた。
労働者たちは、工場のある街に移り住んだ。
そのため街が大きくなり、都市化が進んでいく。
経営者と労働者という境界ができて、労働運動や労働組合などができた。
この流れで、社会主義の考え方も生まれていくわけです。

大量にものを作ると、たくさんの人に売らなければならない。
工場を作るのに初期投資も大きくなります。
商品が売れなければ、倒産してしまうかもしれません。
ハイリスクハイリターンのビジネスが生まれたわけです。
企業が大きくなっていったわけです。
さらに、蒸気機関車や蒸気船など、輸送にも大きく貢献しました。
それまで遠くまで届けられなかったものを、信じられないほど早く届けることができるようになった。

そうなると、商品が売れなければ大変なことになる。大量に作った商品が大量に残ってしまう。
それを防ぐために、企業は国にもっとたくさん売って欲しいとお願いする。
国はマーケットを広げるために、アジアやアフリカを次々と植民地にしていった。
植民地をたくさん作ることが国の繁栄につながる。
植民地の人たちにものを大量に売る。マーケットを広げて行ったわけです。
植民地からは珍しいスパイスやお茶、鉱物などなどを本国に持ち帰る。
イギリスやフランスはアジアや中東だけでなく、アフリカも植民地にしていきました。
植民地の拡大路線が、20世紀になって、争いの火種になっていくわけです。
それが20世紀の世界大戦につながっていくのです。

まさに社会の形が産業によって大きく変わったのです。
これが「産業革命」です。

その後の産業革命

第2次産業革命は19世紀から20世紀の初め頃に電気の発明で起きました。
大量生産が電気というパワーを得て、信じられないほど増大していく。
20世紀、大量消費の幕開け。
自動車が一般庶民にも行き渡り、郊外に町が広がっていきます。
家電ができることで、主婦の仕事が楽になり、女性の社会進出も始まります。
社会が大きく変わった。

第3次産業革命は、デジタル革命と言われています。
コンピューターやインターネットの登場で、社会は明らかに変わりましたよね。
仕事にPCが必須になり、会計事務やデザインの仕事を変えました。
音楽や映像もデジタルになったり、ネット通販やネット予約なども登場して、人々はとても便利な生活ができるようになった。

現在は確実に第4次産業革命

そして現在、第4次産業革命って言われています。
確かに革命的な時代です。AI、ロボット、ナノテクノロジー、ブロックチェーン、量子コンピューター、5G、産業を取り巻く環境は変わりました。
それに伴って、消費者の意識や行動も大きく様変わりした。

ブログ、YouTube、Instagram、Twitterなどを使って情報を発信することができるようになった。
発信する一般の人達がつながって、「普通の人」が影響力を持つようになったのも、革命的なことです。そしてその中から、今まで考えられなかった職業が生まれてきました。
ユーチューバーや個人のインフルエンサーが、大企業の苦戦を横目で冷ややかに見ながら、たくさん商品を売っています。
ネットショップもAmazonや楽天だけでなく、さまざまな特性を持って、色々なニーズを持った人たちに、商品やサービスを届けています。

まさに「第4次産業革命」という命名にふさわしい時代です。

産業革命は、産業によって社会の様相を一変させるという、まさに「革命」的なことなのです。
そんな時代ですから、新しいことを勉強して、行動すること。
そうじゃなきゃ、淘汰されます。

ある研究によると、あと10年で日本の半分の企業がなくなるという結果もある。
あなたがそうならないことを祈っています。


エクスマの予定

2月19日 札幌(水)募集中です。以下のブログで詳細を見てね。
変化しなければ淘汰されるだけ!エクスマ事例30連発セミナー

【2020年エクスマ塾日程】

エクスマ塾99期東京
1:9月1日(火)
2:9月15〜16日(火〜水)合宿
3:10月6〜7日(火〜水)合宿
4:10月20日(火)
(エクスマスタジオと伊豆長岡「ホテル富嶽はなぶさ」)

エクスマ塾100期〜スペシャルヴァージョン
1:11月4〜5日(水〜木)
2:12月2〜3日(水〜木)
3:1月20〜21日(水〜木)
4:2月24〜25日(水〜木)
(全日程合宿 北海道阿寒湖温泉ホテル「鶴雅ウイングス」)

東京エクスマスタジオセミナー

3月18日(水) 
4月22日(水)
5月27日(水) 
6月25日(木) 
9月 5日(土) 
10月1日(木)
11月24日(火) 

エクスマセミナー地方開催

2月19日 札幌(水)募集中です。以下のブログで詳細を見てね。
変化しなければ淘汰されるだけ!エクスマ事例30連発セミナー

3月27日 福岡(金)
11月6日 釧路(金)

【エクスマ塾生限定のセミナー&エクスマ学院】

・エレメントE

エクスマ塾生さん限定のエクスマスタジオのセミナー「エレメントE」。
塾生さんは年に最低でも3回くらいはエクスマに触れてもらいたいので、今年は多く実施します。
月に2度同じ内容でやります。(オリンピック月は除く)

3月19、20日(木、金)
4月8、9日(水、木)
5月29、30日(金、土)
6月22、23日(月、火)
9月2、3日(水、木)
10月22、23日(木、金)
11月25、26日(水、木)

・エクスマ学院

一般教養講座。文化芸術、科学、歴史などを学ぶ塾。
毎回、ボクがメインに講義します。他、プロフェッショナルな講師を迎え、歴史、科学、芸術、映画、モテ、美容、ブログSNS活用などなどを学ぶ1日6時間。
6ヶ月間やります。
エクスマの価値観を深く理解して、知識を増やし、さらに豊かに自由になる。

東京のエクスマスタジオで実施します。
塾生のみなさん、一緒に楽しく学びましょう。

4月21日(火)
5月28日(木)
6月24日(水)
9月 4日(金)
9月30日(水)
10月21日(水)

今のところ決まっている予定だけです。
これから順次決めていきます。

エクスマ思想

遊ばざるモノ、働くべからず

差別化するな、独自化せよ

綿密な計画より臨機応変な未来を

ビジネスは戦いではない、戦略思考を捨てよう

迷ったら、どちらが儲かるのかではなく、どちらが楽しいかで選ぼう

関係性、つながりが重要

心配事の98%は取り越し苦労だ

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました