誤解を恐れずに言うと、新型コロナウイルスの蔓延は世界が変わる兆しなのかもしれません

新型コロナウイルスは戦争と同じ

新型コロナウイルスの蔓延は、ヨーロッパやアメリカなどで感染が爆発的に起きていますね。
アメリカの大統領も「戦時下だ」と言っているし、ドイツの首相も「第二次世界大戦後、最大の危機」と言っています。

アメリカは国民に対して、全ての海外渡航中止を求める勧告をしました。警戒レベルが最高のランクです。
ドイツやフランスは感染者が1万人を超えた。
イタリアでは、亡くなった方が、ウイルス発生地の中国を超えてしまいました。
お医者さんや医療関係者、集中治療室や人工呼吸器が足りない状態になっています。

ニュースを見ていると、本当に悲しくなります。

こんなに世界に蔓延するなんて、全く予想していませんでしたね。
本当にひどいですよね。
1日も早くウイルスを抑えられる事を祈るしかありません。

世界は変化し続けている

自然界も、人々が暮らす社会も、刻々と変化しています。
変動の幅が大きければ、どんな人も影響受けざるを得ないのも事実です。
大統領でも、労働者でも、誰もが影響を受けます。

でも、社会の中でどのような変化があっても、問題はそれをどう感じ、どう受け止めるかです。

「これ以上感染者を増やさないため、不要不急の外出は自粛するように」などと決まったら、「公的に決まったことだから」と素直に受け止めれば文句を言うことありません。
でも、「なぜこのようなことに、これでは困る」と感情的になれば、不平不満の心で過ごすことになるでしょう。
そのような感じ方をする人は、いつでも何かあるたびに、愚痴をこぼしたり、文句を言う人です。

それでは心が不健康です。

理不尽さを感じることがあっても、心が健康であれば、歪んだ感じ方、受け止め方をすることはありません。
現状を冷静に受け止め、自分ができる事を、淡々とすることです。

 

iPhoneで撮影したオリオン座

宇宙はいつも調和する方向に向かっている

どうしてこれだけ世界中を巻き込むウイルスが生まれ、広がったんだろう。
そんな事を考えてみました。
きっとこれは何か「意味」があるんじゃないだろうか。

そんなことです。

世の中が大きく変わる「兆し」なのかもしれない。
ボクたちが想像している以上に世界が変わる可能性もある。
もしかすると世界の形が変わるくらい・・・

世界がどのように変わるかと言うと「調和」する方向です。

世界がグローバル化になっても、様々な争い事はなくなりません。
情報化が進み、格差が進み、争い事がもっと激しくなっていきました。
自分のことしか考えない指導者や国が出てきて、不幸な人をたくさん作り出してきた。
このまま進むと、世界はとんでもない不幸な世界になってしまう。

そんな時にこのウイルスが現れ、世界中を席巻しています。
もしかすると、人類に何か気づかせるために、出現したんじゃないか。
そう思ったわけです。

人類が調和する方向に向かうために。

実際に世界が協力して、協調しなければ、この危機は乗り越えられないかもしれません。
それくらい大きなインパクトのあることなんだと思うのです。

でもね、モノゴトは何かマイナスのことがあっても、思うようにうまくいかなくても、調和して落ちつくところに落ち着くのです。
それが宇宙のルール、自然のルールですから。

誤解を恐れずに言うと、このウイルスの問題が解決した時、もしかするととても素晴らしい世界になっているかもしれない。
そう思うのです。

だからあまり心配せず、新しい世界に向かう流れに乗ることです。
調和、協調を意識した仕事や生活をしましょう。
これからの新しい世界に、希望を持ちましょう。

人として正しい生き方をしていたら、大丈夫ですから。

 

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」
タイトルとURLをコピーしました