SNSで影響力をアップさせるための3つのポイント

短パン社長がマツコデラックスを食っていた

先週木曜日、ボクの塾生さんの短パン社長(奥ノ谷圭祐氏)が全国ネットのTV番組に出ていました。
マツコデラックスとナイナイのやべさんが出ている『アウトデラックス』っていう番組です。
すごいです。
彼はアパレルメーカーの社長ですが、たくさんTV番組のオファーがあります。
これで何度目かわからないほど。
でも、今回は人気番組なので影響はかなり大きい。

内容は「いつの日が短パンが正装になる日を信じている変な人」みたいな感じです。
たしかに、短パンだと入れない店があったり、ビジネスのシーンでも短パンだ非常識と思われたり。
でも、さすがにオシャレに着こなしている。
ボクも以前から彼を知っていますけど、オシャレです。
正装にしてもいいと思うくらい「短パン」の概念を変えています。

マツコデラックスさんも、タジタジになるくらい、熱く語っていた。
「僕が正解なんで、もう正解なんです」
などなど、名言もたくさん出ていた。

マツコデラックスとやべさんを食っていた

マツコデラックスとやべさんを食っていた

ともあれ、彼の影響力は日増しにアップしていると感じます。
今回の出演依頼も、短パン社長のブログやSNSでの発信がきっかけです。
ハンパない影響力になってきている。
彼が自身でプロデュースしたプレーンなTシャツを、Facebook上でアップするだけで、1枚6500円の商品が一瞬で800枚以上売れる。
そんな人、あまりいませんよね。
芸能人の中にもいない。

SNS上で影響力をアップさせるポイントを、ちょっと彼の行動から考えてみた。

SNSでの影響力をアップさせる3つの視点

1:誰に発信しているかが明確

誰かを思い浮かべて発信しているってこと。
その人に役立つことを発信。
その人がよろこぶことを発信。
いつも、第三者的な自分がいて、「これって役立つの?」「面白いか?」「好きか?」それを自問自答しながら発信する。
決して、自己満足の発信にならないようにする。
根底に「愛」がなければできないことですが。

2:継続的な発信

いつも絶え間なく発信すること。
本当に毎日ブログを書いています。
Facebookの発信も日に2~3回はしている。
Twitterのツイートも10回くらいしている。
継続的に発信することで、信頼感やリピーターを増やしているってこと。
SNSで発信する行為は無料です。
ある意味、誰にでも平等に与えられているわけです。
やらないのは、もったいないことだと思う。

3:情熱がある

発信を見ていると、本当に情熱を感じられる。
お客さまに対する、読者に対する、熱い思い「情熱」を惜しみなく出している。
時にそれは熱すぎて、ウザくなるときもある(笑)。
でも今の時代、社長自らこれだけ「熱」を持ち続け、それを表現しているのは珍しい。

経営者やビジネスリーダーは影響力を

ビジネスにおいても、人生でも、影響力はないよりもあったほうがいいですよね。
もちろん、影響力が大きくなると、批判もたくさん出てきます。
それは覚悟しなきゃならないことです。

でも世の中をよくするため、人々を仕合わせにするためにビジネスをやっているんですから、影響力を持ちましょう。
誰でも平等に機会が与えられている時代です。
何度も言いますが、SNSは無料で誰でも利用できるのですから。

あなたも、継続的にお客さまによろこんでもらえる発信をしましょう。
短パン社長のブログをリンクしておきます。
↓ ↓ ↓
【短パン社長のブログ】

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする