物欲がなくなっているわけじゃない|コミュニティ構築

他とちがうところがないと選ばれない

先週のセミナー後の懇親会で思っていたことです。
エクスマ関係のセミナーは、多くの場合、セミナー後の懇親会があります。
その場で参加者さんとコミュニケーションしたり、あるいは参加者さん同士が仲良くなる。
ボクやゲスト講師と距離が近づくし、セミナーでは話せなかった深い話もできるし、質疑応答もあったりする。
これがすごく楽しいし、エクスマセミナーの価値にもなっているのです。
ある意味「個性」になっているってこと。

豊橋セミナー後の懇親会の様子 楽しそうです

豊橋セミナー後の懇親会の様子
楽しそうです

個性がないと選ばれない時代です。
そして、その個性をお客さまに伝えないと価格競争に巻き込まれます。
「他とちがうこと」が「価値」です。

シンプルでしょ。

お客さまの満たされていない欲求を満たしてあげること。
他では提供できないことを提供してあげること。

あなたにとって、これは何か?
それを探すことが、まず一番に必要なことです。

でもね・・・
現代の消費者は、ほとんど、満たされてしまっている。
だから、タイヘンなんですね。
「ニーズは満たされている」
前提として、そう考えること。

「物欲がない」のではなく情報が多すぎる

物欲がなくなっている。
欲しいものがない。

そう言われていますが、物欲がなくなったわけじゃないと思うのです。

たとえ欲しいモノが見つかっても、買うという最終的な行為まで辿り着かないということ。
FacebookやTwitterなどのSNSや、ウェブのニュースなどを見ていると、時々欲しくなるモノがある。
行きたくなるレストランとか、行きたくなる施設とかがある。

その時すぐに、アクションしなければ(カートに入れるとか、Amazonの欲しい物リストに入れるとか、Twitterでいいねをするとか、Evernoteに記録するとかね)すぐに次の情報がやってきて、欲しかったモノも、忘れてしまう。
次の欲しいモノが現れたりするのです。
でも、次の欲しいモノも、またさらに次の欲しいモノに変わる、結局何も買わないという結果になる。

情報が多くなればなるほど、消費しないというおかしなコトが起きているのです。

5000年分の情報量が1日で流通している時代ですから。

現代社会はSNSを中心に気が遠くなるくらいの情報量が流通しています。
そんな中、あなたの商品の情報を見られるのは、本当に奇跡に近いわけです。

コミュニティを構築

そういう環境ですから、コミュニティがとっても有効になってきます。

日頃から、共感されるような発信をして、コミュニケーションをする。
関係性をつくりだし、ゆるやかなコミュニティを構築していく。
人々のほうから、あなたの情報を見たいと思ってもらう。

あなたのライバルよりも、たくさんの人たちと仲良くなること。
そうしたら、いつもあなたのことを忘れないし、気にしてくれている。
最初にあなたのことを見てくれるし、つながっているから、あなたから買うのです。

どこで買うかではなく、誰から買うか、そういう時代になった。

先週のセミナー後の懇親会で思っていたのは、概ねそんなことでした。

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
北海道釧路生まれ。明治大学卒。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。経営者、ビジネスリーダー向けに「エクスマ塾」を実施、塾生はすでに1000名を超えている。著書は、海外にも翻訳され30冊以上出版。座右の銘「遊ばざるもの、働くべからず」

フォローする