好きなことを続けると夢が叶うという話|ガナーズ勝村さんの場合

勝村くんがサッカージャーナリストになった

エクスマ塾生の中でも有名なガナーズの勝村大輔さん。
エクスマの塾などでスタッフもやってもらっています。
本業は美容室を経営。

でも今は、サッカージャーナリストとして活躍しています。
先日も埼玉スタジアムで、JリーグJ1の「浦和レッズ対ヴィッセル神戸」の取材をしていました。
もちろん正式なプレスパスを発行してもらっています。
本物のサッカージャーナリストになった。

でも今から一年前にはその片鱗もなかったのです。

2016年の秋にスタッフ飲んでいたとき、いきなり勝村くんが言い出しました。
「これから僕はどんなことをしたらいいですか?」
僕は聞きました。
「勝村くんは何がしたいの?」
「サッカージャーナリストになりたいんです」
「だったら、サッカージャーナリストになれよ」
とアドバイス。
スポーツジャーナリストの名著、山際淳司さんの「江夏の21球」を読むといいよ。
と勧めました。
これは野球のことを書いたノンフィクションなのですが、野球が詳しくない僕でも、とっても面白かった。
1979年のプロ野球日本シリーズ第7戦において、広島東洋カープの江夏豊投手が9回裏に投じた21球に焦点を当てて書いています。
Sports Graphic Numberに掲載された後、山際さんの本『スローカーブを、もう一球』(1981年、角川書店)に収録されている。
すごい取材力と文章力。
歴史に残るノンフィクションです。
スポーツジャーナリストだったら、必ず読んでおくべき本だと思って、勝村くんに勧めたわけです。

勝村大輔氏

彼はそれを読み、衝撃を受けました。
そして、年末年始の時間があるときに、現在活躍しているサッカージャーナリストたちの著書を読み漁ります。
6年間毎日ブログ書いていたこと、事前に名著を読んでいたことを含めて、やりたい!できるかも!と思うようになる。

ネットジャーナリズムに文章を送る

サッカージャーナリストになるため、サッカー媒体にライターとしての所属を目指し、履歴書と記事作品を様々なところに送り、数社の内定を貰う。
その中の一つの媒体にライターとして所属する。
報酬は1記事700円。
ライターになって1週間。
リリースした記事がサイト内ランキングPVで断トツの1位になる。
彼はSNSを使い込んできているので、その記事をフェイスブックやツイッターにリンクするだけで、他のライターとは全く違う異次元のアクセス数になるのです。
2位の記事の10倍以上の差が出る。

それをみていた別サイトからオファーを受けます。
原稿料が1記事15000円の提示。
1週間で記事の価値が20倍になったわけです。
SNSの力は本当にすごいです。
さらに既存の媒体から料金改定の申し出を受けて1記事2000円となる。

本物のジャーナリストになれたのはSNS

チームや選手に取材申請をしても、通常ならば、フリーライターは門前払いされますが、ブログを書き続けてきたおかげで、既に勝村くんのことを知ってくれてるというケースが多々あるそうです。
ましてや、Jリーグの公式試合の取材なんて、申請しても、まず拒否されます。
でもブログやSNSの力で、サッカージャーナリズム、サッカーのサポーターの世界で認知されるようになった。

彼は今、美容室を経営していて、彼自身もヘアースタイリストですが、土曜の午前中と日曜しか店には出ていません。
それ以外はサッカーの取材や記事を書いていたり、マーケティングコンサルタントの仕事をしている。
それでも美容室は利益を出しています。
毎年毎年、対前年を超えるくらい絶好調です。

「好き」を発信し続け、個性的になり、自分が理想とする生活を手にいれているのです。

そんな彼がどんな経緯で好きを実現したか。今度の東京エクスマセミナーのゲストに招いて、それを詳しく話してもらいます。
今までの勝村くんの講演とは、また違う話です。
ぜひ直接「生」で彼の話を聞いてほしい。

以下から参加表明してください!

【11月7日東京エクスマセミナー参加申し込みフォーム】

ピーティックスを使っていますので、一度登録していただけると、支払いがカードやコンビニでできます。
(どうしてもうまく登録できない人は事務局にメールをください)info@ex-ma.com

詳細はここをみてね

11月  7日 東京エクスマセミナー(東京での今年最後のセミナー)

ゲスト講師は勝村くんの他は小樽の地酒屋、高野くんです。
もちろんボクもたくさん話します。
詳細はこのブログ記事を読んでください
「好きな仕事をしなければ生き残れない」

エクスマのコミュニティに入りたい人は
エクスマ塾東京88期の募集中です

詳細や参加希望はこのブログをみてください
11月からのエクスマ塾です。
キャンセルが出たので募集中です。

エクスマセミナー予定

まだ募集を開始していませんが、日程だけ先にお知らせします。
準備ができ次第ご案内しますので、少しお待ちくださいね。

12月  6日 大阪エクスマセミナー

12月25日 釧路エクスマセミナー

2018年
  1月26日 エクスマ新春セミナー 東京

The following two tabs change content below.
藤村 正宏
1958年、北海道釧路生まれ。著書「モノを売るな!体験を売れ!」で提唱したエクスペリエンス・マーケティング(通称エクスマ)の創始者。集客施設や企業のコンサルティングを行っている。コストをあまりかけない、誰でもカンタンにできる手法で、圧倒的な成果をあげている。 執筆活動、講演活動もする。現在フリーパレット集客施設研究所主宰。

フォローする